全路線で行先案内表示器を更新へ 駅番号など情報追加 東京メトロ

東京メトロが全路線に、新型の行先案内表示器を順次導入します。LEDから液晶ディスプレイに変わり視認性が向上。表示される情報量も増えます。

日英中韓の4か国語に対応

 東京メトロは2016年8月3日(水)、新型の行先案内表示器を全路線に導入すると発表しました。現在はLEDのものが使用されていますが、液晶ディスプレイに変わることで視認性が向上するといいます。

新型行先案内表示器の画面イメージ。ダイヤが乱れているときはレイアウトが変わり、最下段に運行情報が表示される(画像出典:東京メトロ)。

 列車の現在位置や停車、運行情報などを表示するエリアが新たに加わるほか、駅名には「駅ナンバリング」も表示。また、現行の日本語、英語とともに中国語(簡体字)と韓国語も加わり、計4か国語が順に表示されるようになります。

 この新型行先案内表示器は8月5日(金)、日比谷線の霞ケ関駅(東京都千代田区)に導入されるのを皮切りに、今年度中に日比谷線、千代田線、半蔵門線の各駅で設置が進められます。銀座線、丸ノ内線、東西線、有楽町線、南北線、副都心線については、2019年度までに設置が完了する予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 日英表記はわかるが、中国語、韓国語はいらないと思います。 見づらくなるだけ。 そもそも駅名は固有名詞なのだから、外国人には、ローマ字表記で「音」がわかれば十分なはず。

  2. これ、同時に1言語しか表示できないから、日本語が表示されるまで暫く待たないといけない仕様とのこと。
    日本語を常時表示して、ふりがな部分を外国語表記にしたらいいのに。そもそも、海外では公用語以外は表示してませんけどね。

  3. 韓国いらねぇよ!中国語もいらねぇよ!

    来るなら日本語勉強して来いよ!

  4. そういえば、何で、民進党や共産党は韓国語と中国語での表記を義務つけさせようとしてるのでしょうか?
    仕事で来日している皆様や観光客に対しての親切な表示を行うなら「ローマ字」「台湾の漢字」を必須として、追加ができるなら「ドイツ語」「フランス語」「イタリア語」での表記を明確にするほうが良いと思います。

  5. うわぁ。。。反中・反韓の洗脳さんの集まりや。。。怖いねぇ。