扉は手動、トイレ使用不可に 新幹線で地震発生、そのとき車内は

新幹線に乗っているとき大きな地震が発生したら、列車はどうなるのでしょうか。高速走行中に「緊急地震速報」を受信、急停車した車内では、普段の新幹線とは異なる姿が見られました。どう変化するのか知っておくと、もしもの際に役立つかもしれません。

「のぞみ」でまもなく三河安城を通過という、そのとき

 新幹線で高速走行中に大きな地震が発生したら——。想像したくない状況ですが、実際にそのとき、新幹線はどうなるのでしょうか。いつ起こるか分らない地震、そのとき慌てないためにも、あらかじめ知っておくと良いかもしれません。

16001 earthquake 01
場合によっては、列車から降りて避難が必要なケースも。写真は訓練時(2015年5月、恵 知仁撮影)。

 筆者(恵 知仁:鉄道ライター)は2016年4月1日、東京発10時10分の博多行き「のぞみ23号」車内でその瞬間を体験しました。

 まもなく三河安城駅(愛知県安城市)を通過しようという11時39分、そのときです。車内へ一斉に、不安をあおる音が響き渡りました。乗客の携帯電話が発する「緊急地震速報」の警報音です。そしてまもなく、列車に変化が起きます。

16001 earthquake 02
一部を除いて車内の照明が消えた「のぞみ23号」(2016年4月1日、恵 知仁撮影)。

 車内の照明が一部を残して消えると同時に、列車は急減速。車掌による「ただいま停電が発生しました。電車が急に止まります。お立ちの方はお近くの手すりなどにおつかまりください」といった車内放送のあと、ほどなく停止しました。

 なぜ緊急地震速報にあわせて、新幹線が停電したのでしょうか。それには新幹線の地震対策システムが関係してきます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント