スカイマークとネスレがコラボ 中村雅俊出演の本広監督最新作も制作中

スカイマークは2016年10月1日より、ネスレ日本とコラボしたプロジェクトを開始します。これに関連し、本広克行監督による中村雅俊出演のショートムービーも制作中であることが発表されました。

スカイマーク機内ではキットカットとネスカフェがタダ

 2016年9月14日(水)、スカイマークはネスレ日本とのコラボ企画「また乗りたくなる空の旅プロジェクト」を10月1日より開始すると発表しました。

 これは、スカイマークが運行する航空便の搭乗者全員に、ネスレ日本のチョコレート菓子「キットカット」とコーヒー「ネスカフェ」を無料で提供するというもので、キットカットはスカイマークオリジナルデザイン。また、無料で提供されるネスカフェとは別に、ネスカフェのコーヒー職人が通常の約3倍、時間をかけてドリップした「ネスレ通販オンラインショップ」限定販売商品である「ネスカフェ フラジール」コーヒーも1杯100円で販売するとのこと。なおこのサービスは、スカイマークが運行する羽田(東京都)〜那覇(沖縄県)線など飛行時間の長い路線から順次拡大していく予定です。

160914 skymark 01
スカイマーク機内では通常、飲み物は有料だが、「ネスカフェ」は全員に無料で提供される(2016年9月、青山陽市郎撮影)。

 今回の両社によるコラボ企画は、そもそもどのように実現したのでしょうか。

 これについて、ネスレ日本の高岡浩三CEOは「これまでネスレは、商品そのものを販売するだけでなく、ネスレのブランドをそれぞれのシーンで顧客に“体験”してもらうことで、その価値を高めてきました。同じ商品であっても普段とは違うシーンで体験してもらうことによって、ブランド価値をさらに高めることできます」としたうえで、個人的に親交があったスカイマークの佐山展生会長と話をしていくうちに、飛行機のなかでネスレの商品を提供することによって新たなブランド体験を顧客に提供することができると感じ、企画をスタートさせた、と述べています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント