外環道、五輪に間に合うかも 用地買収が大幅進展 「順調超えた」の声も

2020年までの開通を目指し計画が進められている「外環道東京区間」。2016年度半ばまでの用地取得完了が期限とされていましたが、まだ完了していないにもかかわらず、目標に間に合う可能性が出てきたそうです。どういうことでしょうか。

外環道、目下の課題は「用地取得」

 2016年9月14日(水)、「東京外かく環状道路 関越~東名(外環道東京区間)」に関する事業連絡調整会議が開催され、用地取得の進捗状況が報告されました。

 それによりますと、2016年2月から8月までの6ヶ月間で、全体の用地進捗率は78%(+9%)になったものの、まだ744件が未取得であるとのことです。

工事の関係上、最も用地取得完了が急がれる大泉JCT周辺に関しては、以前から「2016年度半ば」が期限とされていましたが、買収で17件、区分地上権(地下40メートルより浅いところにトンネルを通す権利で、立ち退きは必要ない)で17件、合計34件残っています。

160925 gaikan 01
用地取得のイメージ図。法律に定められた大深度地下よりも浅い部分における用地を取得する必要がある(画像出典:国土交通省)。

 2016年度半ばといえば、まさにいまです。いま、用地取得が完了していないということは、もはや目標である「2020年東京オリンピック・パラリンンピックまでの開通」は不可能になったのではないか――そんな疑問が湧きますが、報告では「課題はあるが、開通の可能性について引き続き検討していく」とされています。

 関係者に内情を尋ねたところ、このような答えが返ってきました。

「確かに大泉地区の用地取得は2016年度半ばまで、となっているけど、工事には順番があるので、先に必要な区域から優先的に進めている。だから、『もう間に合わない』というところまでは行っていない」

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 別にオリンピックに間に合わす必要性を感じない。
    大体、東京に関して言えば豊洲同様、疑惑が山盛り
    なんで、その辺はクリアーする必要が有る。

    必要なのは判るが、問題の先送りは良くない。

    • オリンピックがどうこうではなく、何かをするときには分かりやすい目標が必要なんだよ。
      ただでさえ日本の土木工事の速度はどんどん遅くなってきてるのに、能書きたれてたらいつになっても完成しないわ。

  2. だからと言って適当なものを作って良い理由にはならない。

  3. 新東名高速道路も東京五輪開催までに全通して欲しい所

  4. 地下区間では、清水氏が首都高で絶賛していた高架橋がとぐろを巻き、影の空間が陰鬱な景観を作り出す部分が少なくて気乗りがしないであろう。

  5. 新しい道路ができていくのは楽しみです。夢が広がりますねー。
    同時に鉄道についても新線建設、複々線化などによる輸送力強化に取り組んでほしい。

    • 既にあちらこちら道路だらけだよ!道路面積が農地面積を超えたって。