「銀河鉄道999電車」新デザインで復活 誰でも乗れる特別運転や無料イベントも 西武

松本零士さんが同乗して車内アナウンス 臨時運転や車両展示を実施

 また、デビュー日の10月8日(土)には、12時10分から豊島園駅(東京都練馬区)で松本さんも出席して出発式を実施。列車は12時32分に発車し、同乗する松本さんが車内アナウンスを行いつつ、ノンストップで池袋駅(同・豊島区)まで運転されます。そののちさらに、13時7分に池袋駅を発車、大泉学園駅(同・練馬区)にのみ停車して西武球場前駅(埼玉県所沢市)まで運転され、14時から同駅4番ホームで車両展示が行われます。

Large 161003 seibu999 02
2014年12月に引退した3000系電車による初代「銀河鉄道999デザイン電車」。複数の編成に異なるラッピングが施されていた(写真出典:西武鉄道)。

 いずれの区間も、有効な乗車券があれば誰でも乗車可能。また車両展示は無料で楽しめ、来場者には2代目「銀河鉄道999デザイン電車」のペーパークラフトが先着2000枚でプレゼントされます。

 運転期間は2019年3月末までの予定。池袋線系(池袋線、西武秩父線、豊島線、狭山線)をメインに、新宿線系(新宿線、拝島線、西武園線、多摩湖線の一部)でも走ります。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント