珍しい赤の「青春18きっぷ」、2016年12月で発売終了

JR全線の普通列車などが1日乗り降り自由になる「青春18きっぷ」。このきっぷは水色のものが一般的ですが、一部に赤いものも存在。鉄道ファンから「赤券」と呼ばれ珍重されているそのきっぷの発売が、2016年12月で終了します。

JR全線の普通列車が1日乗り降り自由

 一部のJRで販売されてきた赤い「青春18きっぷ」の取り扱いが、2016年12月をもって終了することがわかりました。

「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車(普通車自由席)とBRTバス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーへ自由に乗り降りできるきっぷです。値段は5日(5人)分で1万1850円。「1人で5日」や「5人で1日」などといった組み合わせで使えます。

「赤券」と呼ばれる「青春18きっぷ」。あらかじめ印刷された券面に、日付や発行駅名などが加えられ販売される。

 このきっぷは、発券端末や券売機でその都度印字する水色のものが一般的ですが、それら機器がないJR西日本やJR四国の一部の駅では、券面内容があらかじめ印刷された赤い「青春18きっぷ」を販売。鉄道ファンから「赤券」と呼ばれる、“知る人ぞ知る”存在になっていました。この「赤券」のように、あらかじめ印刷されたきっぷは「常備券」といいます。

この記事の写真一覧

  • 161121_18jobiken_ec
  • 161121_18jobiken_02
  • 161121_18jobiken_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 冬は期間短縮で消化できないから買わない。せめて春までもたせて欲しかった。

  2. JR自体赤券の廃止の発表してないんだが、編集部の妄想記事ですかね??
    乗り物ニュースって、ソース元載せないから使えない

  3. これ書いたの誰だよ。
    毎回買い出しのために遠征してきたので最後に別れを惜しみたかったけれど、一般人まで煽られたら週末まで動けない身には辛いよ。

  4. 西日本は「おでかけネット」の18きっぷ紹介ページに書いてある。
    四国は「JR四国ツアー」の18きっぷページにPDFのリンクがある。
    (讃)高松駅とかには掲示も出てるよ。