関西初の「芝生軌道」 上町線の一部区間、12月から新線に 阪堺電車

2016年12月3日、道路拡幅にともない阪堺電気軌道上町線の一部区間が新線に切り替わります。この区間は関西初の「芝生軌道」です。

一部区間では定期運賃が値下げ

 阪堺電気軌道は2016年11月18日(金)、上町線の天王寺前~阿倍野間を12月3日(土)初電から新線に切り替えると発表しました。

 都市計画道路長柄堺線(阿倍野筋)の拡幅整備にともない、現行の軌道はやや西側に移設。この区間は、線路に芝生を敷きつめて環境や景観に配慮した、関西初の「芝生軌道」になります。

軌道は拡幅された阿倍野筋のほぼ中央を通るようになる。左下は天王寺駅前停留場、右下は阿倍野停留場付近の完成イメージ(画像出典:阪堺電車)。

 また、天王寺駅前停留場と阿倍野停留場の上り(天王寺駅前方面)では、新ホームの使用が始まります。天王寺駅前停留場では、ホーム階と地下階を結ぶ階段の場所が変わるほか、エレベーターも新設。阿倍野停留場の上りホームもスロープが付くなど、バリアフリー化されます。

 また、軌道の切り替えにともない、一部の区間では営業キロが変更。定期運賃も4区間で改定され、たとえば阿倍野~東天下茶屋間では通勤1か月の定期運賃が7770円から5060円になります。

 なお、阿倍野停留場の下り(住吉方面)新ホームの供用は、2017年度中の予定です。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161122_hankaikirikae_01
  • 161122_hankaikirikae_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント