「品のある和の落ち着き」に 西武秩父駅リニューアル 駅前温泉と共通デザイン

「秩父エリアの観光の玄関口」として整備が進められている西武秩父駅が、2017年春の複合型温泉施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」オープンにあわせリニューアル。墨色や格子デザイン、行燈型照明などが使われます。

観光の玄関口」として整備が進む西武秩父

 西武鉄道は2016年11月24日(木)、西武秩父駅(埼玉県秩父市)で行うリニューアルの概要を発表しました。

「秩父エリアの観光の玄関口」として整備が進められている西武秩父駅。2017年春には、駅に隣接して複合型温泉施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」がオープンする予定です。これにあわせ、秩父エリアのブランド力向上を目的として、駅が生まれ変わります。

リニューアル後の西武秩父駅外観イメージ(画像出典:西武鉄道)。

 駅舎外装は「祭の湯」と共通の墨色を基調とし、「品のある和の落ち着き」(西武鉄道)を表現。そしてガラス面の格子は「秩父の風景・文化が織り成すイメージ」(同)といいます。

この記事の写真一覧

  • 161124_seibuchichibu_02
  • 161124_seibuchichibu_03
  • 161124_seibuchichibu_04
  • 161124_seibuchichibu_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント