スタッドレスタイヤは「別物」 夏タイヤと異なる特性 メーカーに聞いた注意すべきポイント

ドライ路面での走行を推奨?

 スタッドレスタイヤを使用する場合のもうひとつの注意点として、「慣らし走行」が推奨されていることが挙げられます。これはもちろん、雪が降る前のドライ路面で行うものです。

「スタッドレスタイヤを安全に使用するために、速度80km/h以下で最低100kmは慣らし走行をして、さらに空気圧の管理をしていただくことを推奨いたします。理由は、新しいスタッドレスを履かれた際、ドライバーがその感覚に慣れていただくことが大事と考えるためです。それまで履いていたタイヤとの感覚のズレを補正する、つまり慣れることが必要というわけです」(日本ミシュラン 広報担当)

 またタイヤそのものについても、「ホイールとの篏合(かんごう)性が変化しますので、慣らし走行と再空気圧点検は『安全に走行するための重要部品であるタイヤ』という点からも、ミシュランでは推奨しています」と言います。つまり、ホイールにタイヤをなじませるためにも必要、ということのようです。

「慣らし走行」の目安については、JATMAも新品タイヤの場合「80km/h以下で走行距離100km以上」としていますが、たとえばブリヂストンは「60km/h以下で走行距離200km以上」としているため、購入したタイヤのメーカーが提示する目安を確認してください。

 なお、スタッドレスタイヤを履くことでタイヤチェーンが不要になると思っている人もいるかもしれませんが、高速道路や山道でのチェーン規制のなかには、スタッドレスを履いていてもチェーン必須とされる場合があることから、やはり緊急用にチェーンも必ず用意しておきましょう。

【了】

テーマ特集「【タイヤ特集】交換時期からメンテナンス方法までクルマのタイヤを徹底解説 購入・交換時に役立つタイヤチェーンやパンク対策情報も」へ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 形状記憶合金等を使って気温や路面温度によりピンが出現するようには出来ないのでしょうか?