スタッドレスタイヤ、意外と安い? 実際に購入しランニングコストを算出 自宅保管の注意点も

クルマにスタッドレスタイヤを導入する場合、どれくらいの費用がかかり、そしてランニングコストはいかほどになるのでしょうか。実際にタイヤを購入して確認、算出してみました。

スタッドレスタイヤ、実際に購入してみると…?

 日常的にクルマを運転する場合、冬場は履いておきたいスタッドレスタイヤですが、その導入費用やランニングコストは、どれくらいかかるものなのでしょうか。

 タイヤ価格はディーラー、ガソリンスタンド、専門店、量販店などの販売形態や地方ごとの需要などにより変わるものなので、一概に「これだけかかる」とはいえません。そこで先日、雪の頻度は少なめな北関東平野部に居住する筆者(石黒直樹:フリーライター)が、行きつけのトヨタディーラーにて愛車「カローラルミオン」にスタッドレスタイヤを履かせてみました。タイヤサイズは「プリウス」などと同じ15インチの195/65R15(タイヤ幅195mm、扁平率65%、ラジアル構造、リム径15インチ)です。なお、以降の価格表示はすべて税込みになります。

161215 studless2 01
突然の積雪に備えるためにも、スタッドレスタイヤは履いておきたいもの(写真出典:safakoguz/123RF)。

 ディーラーでは、国内外主要4メーカーのスタッドレスタイヤが用意されており、その最新モデルはタイヤのみで7万6400円~9万4000円。一世代前のモデルはアルミホイール付きで8万6400~8万8000円という価格設定。取り付け工賃は初回のみサービスとのことで、私は8万6400円でアルミホイール付きのものを購入しました。

 別のガソリンスタンドでは、ディーラーでタイヤのみ8万円だった最新モデルが6万9800円という価格でしたが、こちらは取り付け工賃が別途必要になっていました。価格にどこまで含まれているのか、よく確認したうえで比較検討すべきでしょう。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ホント、スタッドレスの迷信が多くて助かってる。
    9割溝が残っているが3年落ちってだけで捨てちゃう人が多いから、
    ワシは常にBSの3年オチ現行モデルタイヤを使い続ける事ができる。

    迷信に踊らされている人...ありがとう。

  2. 東京在住ですが、年に数回のスキーと、突然の積雪に備えてスタッドレスは常備しています。
    自宅保管していますが、空気圧を下げて保管しなければならないこと知りませんでしたので、この記事は参考になりました。
    しかしスタッドレスと夏タイヤの交換が、面倒なんですよねー。
    毎回トランクに積んでタイヤ屋さんに行きますが、12月や3月は、お店が混んで待たされるし、自分でやると半日仕事で翌日は激しい筋肉痛・・・。
    それで実際スタッドレスが役立ったと感じるのは、スキー場の駐車場だけだったりして。