年末年始、出国ピークは12月29日に 旅行先はリゾートや「近場」が人気

国内の国際空港各社が、年末年始期間における国際線の旅客予想を発表。就航や増便などで増加が見込まれる空港もあります。

成田や羽田は前年と比べ1割増

 国内の国際空港各社が年末年始期間(12月22日~2017年1月3日)における国際線の旅客予想を発表しました。

 成田空港は2016年夏ダイヤ以降の新規就航や増便により、前年の同じ時期と比べ国際線利用者がおよそ1割増え、出国が56万6800人、入国は53万3400人と予測されています。ピークは、出国が12月29日(木)で5万100人、入国が1月3日(火)で5万200人。旅行先はハワイなどのリゾートやシンガポール、台湾などの近距離が比較的人気といいます。

 羽田空港は出国が28万5200人、入国は26万3500人で合計54万8700人(前年同期比11.9%増)の利用が見込まれています。出国のピークは12月29日(木)で2万5900人、入国のピークは1月3日(火)で2万5400人です。

161219 nenmatsunenshiap 01
中部国際空港もほかの国際空港と同様、出国ピークは12月29日(木)、入国ピークは1月3日(火)の見込み。写真はイメージ(画像出典:photolibrary)。

 中部国際空港(セントレア)は期間中の便数が前年同期より35便マイナスの623便に。予約総数は、出国が9万7400人、入国が8万3300人で、出入国あわせて前年同期比5.9%減という状況です。出国のピークは12月29日(木)で8800人、入国のピークは1月3日(火)で9000人と見込まれています。

 方面別予約数では、中国への出発が最多の2万5100人(前年同期比6.8%増)。対して「北米・ビーチリゾート」は17.3%減の1万500人、もっとも少ないのは「欧州・中東」で前年同期比14.1%減の5500人という状況です。

 関西国際空港は、期間中に70万2200人の利用が見込まれています。出国は前年同期比9%増の36万9000人、入国は6%増の33万2900人。出国のピークは12月29日(木)、入国のピークは1月3日(火)の見込みです。

 空港各社は年末年始期間中、保安検査場などの混雑が予想されることから、時間に余裕をもって早めに空港に来ること、また、駐車場も混雑が予想されるため、公共交通機関の利用を推奨しています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント