東京のタクシー、初乗り400円前後に ただし長距離運賃は引き上げへ

東京のタクシー初乗り運賃が700~730円から、400円前後に引き下げ。一方で中長距離運賃は引き上げられ、全体として運賃収入が変わらないよう組み替えられます。

「ちょい乗り」しやすく

 国土交通省は2016年12月20日(火)、東京のタクシー初乗り運賃を380~410円に引き下げると発表しました。2017年1月30日(月)から、東京23区と三鷹市、武蔵野市のタクシーに適用されます。

 現在、初乗り運賃は2.0km700~730円ですが、1.052km380~410円に変わります。新運賃は、約2kmまでは安くなり、約6.5km以上は高くなります。

161220 taxihatsunori 01
新運賃は4~6.5kmあたりから、現行運賃との差がだんだん広がっていく(画像出典:国土交通省)。

 国土交通省が示す運賃例では、東京の平均乗車距離である4kmの場合は1450円で現行と変わりませんが、9kmでは現行より150円高い3130円、30kmでは520円高い1万250円に。初乗り運賃を引き下げて「ちょい乗り」を促す一方、中長距離運賃を引き上げて短距離の減収分をカバーし、全体として運賃収入が変わらないよう調整されます。

 国土交通省は今後3年以内に、この運賃組み替え後の状況について事後検証を行う予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 東京のタクシーは距離時間併用性料金
    平成7年にタマゴッチタクシーが同じ料金でやって失敗した料金体制
    原因は渋滞で1キロ(今回の料金で言えば)410円がそれ以上の料金になる
    これが原因で今ままでのタクシーの方が安い事が分り崩壊していった事実がある
    最終的には料金の値上げに成る誤魔化しの制度を好意的に報道するマスコミがおかしく感じる

  2. 結局は一番客がたくさん利用する区間は実質値上げじゃないか。