「日本一短い」芝山鉄道が利用者1000万人突破 記念乗車券を発売

成田空港内にある東成田駅と、空港南側に位置する芝山千代田駅の1駅間2.2kmを結ぶ芝山鉄道。その利用者が1000万人を突破したことを受け、記念乗車券が発売されます。

開業から14年を経て

 2016年12月3日(土)に累計利用者数が1000万人を突破したことを受け、芝山鉄道(千葉県芝山町)が2017年1月22日(日)に記念乗車券を発売します。

170105 shibayama10m 01
「芝山鉄道ご利用者数1,000万人突破記念乗車券」のイメージ(画像出典:芝山鉄道)。

 芝山鉄道は2002(平成14)年10月27日に開業。成田空港内にある東成田駅と、空港の南側に位置する芝山千代田駅との1駅間2.2kmを結んでおり、ケーブルカーやモノレールを除く普通鉄道において、営業距離が日本一短い鉄道会社です。

 今回の「芝山鉄道ご利用者数1,000万人突破記念乗車券」は、1月22日(日)午前8時から芝山千代田駅で発売。東成田~芝山千代田間の乗車券3枚(大人200円2枚、子供100円1枚)に台紙が付いて、値段は500円(税込)です。1月23日(月)からは現金書留または郵便為替による通信販売も始まります。1500セットが売り切れ次第、販売終了です。

 なお通信販売期間は12月18日(月)まで(当日消印有効)。乗車券の有効期限は、12月31日(日)までの1回限りです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント