N700系新幹線、屋根上にもある出入口 JR東海が「実演」

電車の出入口は通常、車両の側面にあるものですが、東海道新幹線を走るN700系電車は、屋根上からも出入りが可能。何のために、それができるのでしょうか。

「ハッチ」があるN700系

 東海道新幹線を走るN700系電車。出入口が各車両にありますが、屋根からも出入り可能なことはあまり知られていないかもしれません。JR東海が2016年11月30日、それを“実演”しました。

170108 n700 01
屋根からN700系の車内へ(2016年11月、恵 知仁撮影)。

 16両編成で運行される東海道新幹線のN700系、その8号車と10号車には「屋根上昇降ハッチ」が備えられており、はしごを使うことで車内と屋根上の行き来ができるようになっています。

 とはいえもちろん、列車への乗降に利用するためのものではありません。初代新幹線0系には、客室内側面に非常口を持つ車両がありましたが、それとも異なります。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ジャンボのコックピット天井の脱出ハッチを思い出した。
    このハッチを使うときは、架線の送電は止める前提だろうね。

    • 25000V怖い。