「ヴィッツ」にハイブリッド設定 マイナーチェンジで外観変更も トヨタ

トヨタが2017年1月12日、「ヴィッツ」をマイナーチェンジ。ハイブリッドグレードを追加して、販売を開始しました。車体デザインも大きく変更されています。

トヨタ、「ヴィッツ」にハイブリッドグレードを設定

 トヨタは2017年1月12日(木)、コンパクト2BOX車「ヴィッツ」をマイナーチェンジ。ハイブリッドグレードを新たに設定し、販売を開始しました。

170112 vitz 01
トヨタ「ヴィッツ ハイブリッド U」の外観。「『躍動感』と『洗練』を付与した、より強い印象を放つ外形デザイン」とのこと(写真出典:トヨタ)。

●「ヴィッツ」マイナーチェンジのポイント
・1.5Lエンジンのハイブリッドシステム搭載グレードを設定。燃費は「JC08モード」で34.4km/L(国土交通省審査値)。
・ハイブリッドグレードは「平成32年度燃費基準+20%」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定も取得。「エコカー減税」の対象。
・ショックアブソーバーの改良やボディ各部の高剛性化も実施。
・外観のデザインを大幅に変更。
・加飾をブラックで統一したインテリア(内装)デザインを採用。
・通常エンジンや「Sportyパッケージ」など、全16グレードを設定。価格は132万5160円から223万7760円(価格はすべて税込)。
・「ヴィッツ」は1999(平成11)年の発売以来、約80の国と地域で販売。これまでの累計世界販売台数は700万台(2016年12月現在、トヨタ調べ)。

 今回の「ヴィッツ」マイナーチェンジにあたって、トヨタの宮内一公プレジデントは、「我々は、先進技術による安全・安心や環境への配慮はもちろんのこと、キビキビと走る楽しさもあわせ持つコンパクトカーづくりに邁進することで、これからもお客様にクルマのワクワク感をお届けしていく」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント