充電、更衣室 渋谷マークシティ高速バス待合所リニューアル 「渋谷」の有利な点とは

渋谷マークシティにある高速バス、リムジンバスターミナルの待合所がリニューアル。更衣室や充電スポットの新設などが行われました。また、都心部に複数ある高速バスターミナル、この渋谷にはどんな特徴があるのでしょうか。

渋谷マークシティ、バスターミナル待合所リニューアル

 2017年1月19日(木)、東急バスと(株)渋谷マークシティが運営する「渋谷マークシティバスターミナル」の待合所が新装オープンしました。

170119 markcity 01
スマートフォンの充電などが可能な「渋谷マークシティ」のバスターミナル。「渋谷エクセルホテル東急」にも直結(2017年1月19日、乗りものニュース編集部撮影)。

 同バスターミナルは、渋谷駅付近の複合施設「渋谷マークシティ」5階に位置。2017年1月現在、羽田空港および成田空港とのリムジンバスに加え、北は山形県酒田地区から南は愛媛県今治地区までの各所を結ぶ高速バスが毎日199便、発着しています。

170119 markcity 02
床面積も席数も増えた待合室(2017年1月19日、乗りものニュース編集部撮影)。

 新装のバス待合所は、従来と比較し床面積が約3倍に拡張され、着席定員も2倍に。パソコンの利用やスマートフォンの充電などが可能なコンセント、USB充電スポットも設置されています。東急バスによると、「外国人のお客さまはUSBのご利用が中心ですが、日本人の、特にご年配の方は通常のコンセントのご利用も多いので、そうした方を想定して両方を併設いたしました」とのこと。また待合所には、夜行バス乗車前などの利用を想定し、靴を脱いで上がれる台を備えた更衣室も新設されました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント