業界初 全11席のありそうでなかった「完全個室」バス 実現できたワケとは

2017年1月18日にデビューする「完全個室型」の夜行高速バス「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」。ありそうでなかった「完全個室」バスは、車両の保安基準をある技術でカバーしたことで誕生しました。

定員も「業界最少」

 関東バス(東京都中野区)が全席「完全個室」の夜行高速バス「DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー) 東京・大阪号」を、両備ホールディングス(岡山市)と共同で2017年1月18日(水)から運行。その車両が1月11日(水)、中野サンプラザ(東京都中野区)で報道陣へ公開されました。

「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」の車内。通路の左右に、天井まで達する壁で仕切られた個室が並ぶ(写真出典:関東バス)。

 関東バスによると、業界で初めて、全席を扉付きの完全個室とし、「まるでホテルに宿泊しているような感覚」とのこと。11人という定員も、業界では最少といいます。

 各個室は幅約85cm、奥行き約160cm(部屋により若干の差異あり)で、全面カーペット敷き。スリッパやミネラルウォーター、アイマスク、耳栓、歯ブラシなどのアメニティが用意されるほか、コンセント、充電用USBに加えて車内Wi-Fi、プラズマクラスターイオン発生機なども備えられます。トイレは温水洗浄機能と水浄化機能付き。パウダールームも独立して設置されます。

「DREAM SLEEPER 東京・大阪号」の車両は、三菱ふそうトラック・バスの「エアロクィーン」(写真出典:関東バス)。

 このバスの最大の特徴は、全室扉付きで、仕切りが天井まで達していること。これまで、座席の前後や側面を部分的にパーティションやカーテンで区切ることにより個室空間を作るバスはありましたが、天井まで扉と壁で仕切った“完全個室”は初めてです。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. モデルの人、もう少しましな顔はできないの?
    なんか気を失っているみたい。

  2. 高速道路を走行するのだろうが、拘束されてるようで嫌ですネ

  3. 値段は5倍なのかな

  4. でも、もう胎児ちゃうしなぁ。
    丸くなってるよりは脚を伸ばした状態が楽だと。。。

  5. 寝返り打てないと疲れるよね。

  6. 新幹線のグリーンと同じ価格なら新幹線を選ぶけどね。夜行バスの観点から逸脱してる気がする。どんなに高級な車両を投入しても、ドライバーの待遇改善にはならないでしょ、大体運転中、モニター3つ見ないし夜は眩しくて点けてらんねーわ!(おそらく保安基準なんだろうけど)もっと乗務員に気を配って欲しいものです❗ いち乗務員より

  7. 2万円なら新幹線のグリーンか飛行機の方がいい。
    もう少し安かった、寝台急行銀河が需要が無くなって、廃止になったのに…
    11席やからどうなんだろうか…

  8. これって、JRがやめた寝台特急の需要を取り込んだだけだよね
    深夜動いてる貨物列車に2.3両の客車を併結しても面白いんだけどね

  9. 猪八戒氏のコメント、確かにです。せっかくここまでネットに載せるんだからもう少し人を選んでもらいたい。やる気あんのか、って感じです。

  10. 名前が…高機能マットレスみたい…
    あと、わかっては居ても
    バスのトイレと隣り合って寝たく無い…w

  11. 2万円なら、飛行機や新幹線の方が、普通に良いと思う。予約出来ない?のは問題。単にゆっくり寝て行きたいと思う人には良いと思う。この、個室とバスという組み合わせの観点は、他の目的、旅行などに複数で行く場合に、新たな企画として、地方でも取り入れてみてもらいたいと思います。ただ、バスで個室となると、いざという時に、外に出られないのではないか、と思います。防犯、防災、事故などに対応できているのか、気になります。

  12. 安価利用したいからバスなのにこんな極端に個室化&高額なんかしなくていいから女子的にはせめて各社全車単独シートに仕切り(遮光カーテン等)とパウダールーム機能(ライト付ミラー設置)とか欲しい

  13. 遅いわ高いわ,では話にならない。
    遅い分 新幹線より安くないと需要はないだろう。

  14. こういう個室に凝るより、最大に凝って欲しいのは安全対策、それしかないです。もちろん会社も百も承知でしょうが、複数乗務員配置や各席に前方モニター設置などに工夫してください。外が見えない疑似ホテルの部屋で知らないうちにあの世に行くのはまっぴらですから。