充電、更衣室 渋谷マークシティ高速バス待合所リニューアル 「渋谷」の有利な点とは

いくつかある都内高速バスターミナル 渋谷のほかにないポイントとは?

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催を控え、渋谷を訪れる旅行者、特に訪日外国人のさらなる増加が今後、予想されるなか、渋谷マークシティの田川 稔社長は、現在発着しているバス路線がまもなくひとつ増え20路線になることにふれつつ、将来を見据えた今回のリニューアル、およびバスターミナルの拡充が「渋谷の価値を高めるものになる」と話します。

 東急バスの山口哲生社長も今回のリニューアルについて、「訪日外国人が増加する将来を先取りしたもの」と位置付けました。

Large 170119 markcity 05
テープカットに臨んだ渋谷マークシティの田川社長(左から2番目)と東急バスの山口社長(同3番目)ら関係者(2017年1月19日、乗りものニュース編集部撮影)。

 また、複合施設「渋谷マークシティ」の5階にあるこのバスターミナルについて東急バスの担当者は、「新宿や八重洲などに比べ発着本数などの規模は控えめですが、ここはショッピング、オフィス、ホテル、グルメが1か所にそろっており、駅へも直通しています」とアピールポイントを挙げます。

「待合所のリニューアルで受け入れ態勢が整いましたので、これを機にPRできれば」(東急バス)

 ちなみに、「渋谷マークシティバスターミナル」がビルの5階にある理由は、「ここへ至るアプローチ通路の一般道側入口が、おおむね同じ高さの道玄坂上付近にあるため」(東急バス)です。

【了】

最新記事

コメント