伊予鉄道、市内電車に新型車両導入へ オレンジ色の流線形 Wi-Fi搭載

伊予鉄道が市内電車に新型LRT車両を導入します。外観は流線形でオレンジ色。車内はフリーWi-Fiが導入されるほか、デジタルサイネージも採用されます。

現行2100形より定員約28%増

 伊予鉄道(愛媛県松山市)は2017年1月25日(水)、市内電車に新型LRT車両(次世代型路面電車)の5000形を導入すると発表しました。

 外観のデザインは、伊予鉄道によると「乗ってみたくなる未来型流線形」といい、同社が2015年から取り組んでいる「IYOTETSU チャレンジプロジェクト」の一環であるオレンジ色のカラーリングを採用。「愛らしさを表現」するといいます。

170125 iyotetsulrt 01
市内電車に導入される新型LRT車両のイメージ(画像出典:伊予鉄道)。

 低床バリアフリー型である5000形電車は、通路の幅が現行の2100形電車より24cm広い122cmに。定員は2100形の47人(うち座席20人)から約28%多い60人(同26人)になります。車体寸法は、長さ12.5×幅2.3×高さ3.8mです。

 行き先表記や車内アナウンスに英語が追加されるほか、車内にはフリーWi-Fiが導入されます。また、中吊り広告の代わりにデジタルサイネージが設置され、空間が広くなるといいます。さらに回生ブレーキやLED照明を採用。環境負荷の軽減が図られます。

 5000形電車は、2017年9月に2両が導入される計画です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 地元の方はどの様に感じるか判りませんが、遠隔地に居住している自分にとっては「伊予鉄道」はオレンジ色がイメージピッタリです。しかし・・・低床車両は欠かせないもののLRTってどうしてすべてが西洋風デザイン・未来的デザインなんでしょうかね? 個人的にはあのデザインって日本の風景にミスマッチにしか思えないのですが。外観は昔からの路面電車デザインで低床車両って出来ないの?