さよなら松原団地駅 4月1日「獨協大学前〈草加松原〉」に駅名改称 東武

2017年4月1日に、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の松原団地駅が、「獨協大学前〈草加松原〉」駅に改称されます。

名で観光客誘致も

 東武鉄道と草加市、松原団地駅名変更協議会は2017年1月25日(水)、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)・松原団地駅(埼玉県草加市)の駅名を、4月1日(土)に「獨協大学前〈草加松原〉」へ改称すると発表しました。

「獨協大学前〈草加松原〉」駅への改称日が2017年4月1日に決定(画像出典:東武鉄道)。

 松原団地駅は、当時“東洋最大規模のマンモス団地”といわれた松原団地の最寄り駅として1962(昭和37)年12月に開業。2年後の1964(昭和39)年には獨協大学が開学しています。2015年度の1日平均乗降人員は5万6266人です。

 東武鉄道によると、獨協大学を駅名にすることで「大学のある街」を想起させ、地域のイメージアップを図るとともに、国指定の名勝地である旧日光街道の松並木「草加松原」を副駅名に採用することで観光、行楽客の誘致も図り、今後も地域とともに沿線価値向上を目指していきたいとしています。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 名前を変えても中身はかわらんよ。
    恥と思ってる限りはね。

  2. 駅名になっている大学のOBですが、いくら名前を変えたところで大してアピールする材料はありませんよあの大学には。

    それよりもむしろ、松原団地イコール風俗街という固定イメージが嫌で改名したようにしかみえないんですが。

    あとはバカみたいに同駅への急行停車(駅の構造上どうやっても無理なのに)を声高に叫んでいる市議をなんとかしてください。

    •  松原団地は全て建て替えられて団地開設当時の面影は全て消えたも同然の上に駅名解消の話があるのは前々から知っていましたし、「草加松原」が副駅名として残るのであれば直に慣れると思います。
       それにしても、松原団地が風俗街だったとは初耳ですねぇ。そんな印象は全くありませんが。通学はしていたけど住んではいなかった人の妄言かつ暴言としか思えません。万が一事実だったとしても今では見る影すら無いでしょう。
       それよりも、今では流石にそんな余裕がある学生はいないとは思いますが、泥酔状態で改札前で醜態を晒して浮かれまくっている獨協大学の学生の馬鹿連中を何度も見かけた事があります。特定の地域に関するデマ(過去の事を現在進行形のように嘘を吐く事も含む)を吹き込もうとしたり母校を貶す前に当時の己の蛮行を猛省してからものを言えと思いますね。

  3. このコメ欄見る限り、せっかくの駅名改称に否定的な意見が多いのが哀しい。尚且つ、卒業した母校に胸を張れない者が存在することが、もっと哀しい。

  4. 業平橋駅を改名したり、浅草線や野田線の改名でセンスの全く無いネーミングだと思っていたが、とうとうここも改悪されたか。
    産まれtからずっと愛着持ってたけど、愛想が尽きたわ東武鉄道。