あかつき、彗星、金星… 山陽を駆け抜けた寝台列車が切手に

日本の寝台列車をまとめたフレーム切手シリーズ「日本の寝台列車」の第3弾「山陽編」の申し込み受付が始まりました。「あかつき」「なは」「彗星」「明星」「金星」の走行シーンが切手になっています。

切手ホルダーとカードブックも付属

 広告代理店の日宣は2017年1月25日(水)、日本の寝台列車をまとめたフレーム切手シリーズ「日本の寝台列車」の第3弾「山陽編」について、購入申し込みの受付を開始しました。

170126 nissenkitte 01
フレーム切手シリーズ「日本の寝台列車・山陽編」の切手ホルダー表紙イメージ(画像出典:日宣)。

 フレーム切手シリーズ「日本の寝台列車」は日本全国を走った寝台列車24本の姿を東海道、北海道、山陽、東北、日本海の5方面でまとめた記念切手セット。「東海道編」と「北海道編」がすでに発売されています。

 今回登場するのは「山陽編」です。寝台列車の「あかつき」「なは」「彗星」「明星」「金星」が掲載されます。商品のセット内容は次のとおりです。

・切手シート
各列車の走行写真が82円切手(シールタイプ)10枚に。

・切手ホルダー
切手シートを保管するホルダー。各列車の歴史や解説、ヘッドマークデザインの由来などを記載。

・カードブック
ポストカード9枚と列車カード5枚入り。写真撮影時の設定や列車の詳細情報などを記載。

 価格は4000円(税込み、送料込み)。購入申し込みは専用ウェブサイト「BEST STAMP」や鉄道玩具専門店などに置かれているFAX申し込み用紙から可能です。受付は3月23日(木)まで。発送は5月下旬から始まります。

 なお、「はくつる」「ゆうづる」「あけぼの」「出羽」「鳥海」を収録した「東北編」は3月から、「出雲」「北陸」「つるぎ」「日本海」「きたぐに」を収録した「日本海編」は4月から、それぞれ申し込み受付が開始される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント