特急「ハウステンボス」がリニューアル 3月18日運転開始 JR九州

テーマパーク「ハウステンボス」が開園25周年を迎える2017年、特急「ハウステンボス」がリニューアル。オレンジ色を基調とした1編成が、3月18日から運行を始めます。

「ハウステンボス」は開園25周年

 JR九州は2017年1月30日(月)、リニューアルした特急「ハウステンボス」(博多~ハウステンボス)を3月18日(土)から運行すると発表しました。

170131 jrqhtb 01
リニューアルした783系特急「ハウステンボス」の外観イメージ(画像出典:JR九州)。

 特急「ハウステンボス」は、テーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)へのアクセス列車として、1992(平成4)年3月の開園から運行を開始。今年で両方とも25周年を迎えます。

 今回のリニューアル車両は、従来から特急「ハウステンボス」として使用されている783系電車です。デザインは豪華クルーズ列車「ななつ星in九州」などを手掛けた工業デザイナー、水戸岡鋭治さんが担当しました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 九州に住んでますが、水戸岡氏のデザインはもう飽きました。

    以前に817系(3000番台)に乗ったときの事、腰の曲がった年配の女性が荷物を持ったままずーっと立たれていたので、近くの優先座席を勧めたところ、「(座りたいけど)腰が当たって痛くなるから座らない」と言われたという経験をして以来、完全に嫌いになりました。
    優先座席ですら、硬いベニヤ板に薄っぺらな雑巾を敷いただけのような座席の上に、体型を選ぶ背もたれの形状なのですから無理もありません。

    テレビのドキュメンタリーで、座り心地を求めて座席メーカーに何度も試作品を作らせていたデザイナーのものとはとても思えないのです。(水戸岡氏には一度始発から終点まで実際に座って乗っていただきたい)

    これでは優先座席があっても本末転倒でしょう。

    • この件は、JR九州に直接お訴えになられた方がいいのでは?