富山に続き石川も「ICOCA」エリアに 4月15日、3社相互利用開始

2017年4月15日から、JR北陸本線・大聖寺~金沢間、JR城端線・高岡~新高岡間、IRいしかわ鉄道・金沢~倶利伽羅間で「ICOCA」が使えるようになります。

大聖寺~越中宮崎間などの各相互間で利用可能に

 JR西日本IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道は2017年1月31日(火)、次の線区で、ICカード「ICOCA」のサービスを4月15日(土)から開始すると発表しました。

●JR西日本
・北陸本線:大聖寺~金沢
・城端線:高岡~新高岡

●IRいしかわ鉄道
・IRいしかわ鉄道線:金沢~倶利伽羅(くりから)

「石川・富山ICOCAエリア」の各駅相互間で「ICOCA」が利用可能に。IRいしかわ鉄道のデザインは2017年4月15日から発売(画像出典:JR西日本)。

 すでに「ICOCA」に対応しているあいの風とやま鉄道線の石動(いするぎ)~越中宮崎間に加え、大聖寺~倶利伽羅間18駅や新高岡駅との各駅相互間で「ICOCA」が利用できます。また、全国相互利用サービスを行っている「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」も利用可能です。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント