銀座線01系、残り1編成に 乗れる確率は2.5%? 今日2月3日で1本が営業運転終了

銀座線を約30年に渡って走り続けてきた銀色にオレンジ帯の01系電車が、ついに2017年2月3日、最後の1本になりました。あと1か月ほどで、すべての01系電車が引退する予定です。

残るは「くまモン」

 2017年2月3日(金)、東京メトロ銀座線の01系電車が残り1編成になりました。

 1984(昭和59)年にデビューした01系電車は現在、新型車両の1000系電車へ置き換えが進行中。東京メトロによると2月3日(金)、残っていた01系電車2本のうち1本の編成(01-122編成)が、朝の時間帯に「最後の営業運転」を実施。その後、中野車両基地(東京都中野区)に回送されたといいます。

残り1本になった銀座線の01系(右)。左は新型の1000系。写真の01系は2月3日に営業運転を終えた車両ではない(2016年6月、恵 知仁撮影)。

 これにより、残る銀座線の01系電車は熊本県の営業部長「くまモン」のラッピングがされた1本(01-130編成)のみになりました。

 この「最後の銀座線01系」は2月24日(金)まで「くまモンラッピング電車」として走り、3月10日(金)に営業運転を終了。以後、銀座線の車両はすべて2012年にデビューした1000系電車になる予定です。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント