青函トンネル先進導坑にゆがみ コンクリ剥落も JR北海道など対策へ

青函トンネルの先進導坑で路盤が隆起したり、トンネル内の幅が縮小するなどのゆがみが発生していることがわかりました。

50年前に掘削を開始した先進導坑

 JR北海道は2017年2月8日(水)、青函トンネルの先進導坑で変状が発生していると発表しました。

 場所は北海道側の「吉岡先進導坑」2km70m付近です。先進導坑とは、列車が通る本坑に先駆けて地質の確認などのために掘られたトンネルであり、現在は青函トンネル内の排水や換気に使われています。

170208 jrhseikantn 01
吉岡先進導坑で確認された「盤ぶくれ」や「内空断面縮小」(画像出典:JR北海道)。

 先進導坑の掘削開始は、北海道側が1967(昭和42)年3月、本州側が1970(昭和45)年1月でした。先進導坑の貫通は1983(昭和58)1月、そして本坑など全体が完成し津軽海峡線が開業したのは1988(昭和63)年3月です。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 出来てからもう30年だもんねえ
    真水の風雨にさらされるだけの地上建築物でも大規模修繕を重ねる時期ですわ
    ましてや高圧の塩水に曝されてるトンネルが大した修繕もされずに無傷なはずが無い
    いずれは本坑にも現象が出て来るだろうから早めに対処しておいた方が良い
    それこそ、二本目を作って貨物をそっちに移し、空いた夜間の時間をメンテにあてた方が良い

    •  たらればになってしまうし設計当時の運行計画などの影響だろうけど、単線トンネル2本(関門トンネル方式)で作っていたら新幹線の風圧問題対策が容易だったろうなとは思う。元々は新幹線専用トンネルの計画だったのかもしれない。かと言って今からもう1本作るとしても、建設費の都合もあるだろうし、建設計画が動き出してから完成までに何年、何十年かかる事やら。

  2. これでJR北海道は、倒産の危機が余計強まったな。

    • そういや、関門トンネルはこんな問題起こってないの?

    • 関門トンネルは4キロ弱な上に単線2本が別々になっているのでメンテナンスもしやすい構造なんですよね。