夜行高速バスの「モデル」運行休止へ 福岡~関西間「ムーンライト号」 西鉄・阪急観光

現在における「夜行高速バス」のモデルになった、西鉄と阪急観光バスの夜行高速バス「ムーンライト号」が、2017年3月31日出発便で休止になります。登場から34年、背景に何があるのでしょうか。

停車停留所の増加、運行区間延長などを実施 しかし…

 西日本鉄道は2017年2月23日(木)、福岡と関西を結ぶ夜行高速バス「ムーンライト号」の運行を、3月31日(金)出発便をもって休止すると発表しました。

福岡・北九州と神戸・大阪・京都を結ぶ「ムーンライト号」(画像:西日本鉄道)。

「ムーンライト号」は1983(昭和58)年3月24日、中国道が全通したその日に、西鉄阪急バス(当時)が共同運行する福岡・北九州~大阪間の夜行高速バスとして登場しました。起終点のエリアに拠点を置く事業者による「共同運行」や、1人掛け3列独立シートの採用(1986年)など、現在の夜行高速バスでは一般的な運行形態やシート配置は、この「ムーンライト号」が嚆矢(こうし)。現在における「夜行高速バス」の「モデル」ともいえるバスです。

 現在は西鉄と阪急観光バス(大阪市北区)が共同で、福岡市中央区の西鉄天神高速バスターミナルと京都八条口のあいだを1日1往復運行。小倉駅前、神戸・三ノ宮駅前、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)、大阪梅田などを経由しながら、同区間を11時間35分(京都行き)で結びます。

 西鉄は運行休止に至った理由について、「(福岡~関西間の)LCCや格安高速バスの影響で、ここ10年ほど収支が厳しい状態が続いていました。三宮やUSJへの停車、京都への延長といった策を講じてきましたが、これ以上の継続は困難と判断しました」と話します。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. キングオブ深夜バスって、水曜どうでしょうじゃないか笑

  2. 「博多フジヤマExpress」は分かるとして、「ムーンライト」を諦めてしまっていいのか?
    西鉄的に屈辱じゃないのか?新参者に敗れて。
    バス業界の第一人者を自負するなら屈辱に思って欲しい。
    確かに、JRやLCCに加えフェリーまで相手にしなきゃならん激戦区ではある。
    が、西鉄が高速バスという商業形態を確立、旅客の支持を勝ち得たのは間違いなく「ムーンライト」のお陰なのだ。
    その“勲章”を一時的に放棄するにしても、是非もう一度手にしてほしい。
    設備的に他者にお株を奪われ久しいが、今こそ西鉄の反撃する時なのだ。
    「ムーンライト」で世間をアッと言わせたあの時の気概を、21世紀バージョンにしてもう一度みせて欲しいものだ。

    ・・・って、本当は運転士が足りないからじゃないのか?

  3. 「ムーンライト」に競合しているバスは、

    ・WILLER EXPRESS(運行:日本高速バス):3列独立、4列リラックス
    博多筑紫口・キャナルシティ・小倉ー神戸三宮・USJ・梅田・なんば・京都

    ・オリオンバス(天領バス):4列スタンダード
    博多筑紫口・小倉ー神戸三宮・梅田・京都

    ・ロイヤルエクスプレス(運行:ロイヤルバス):3列、4列
    (熊本・久留米・榎田ー)博多筑紫口・小倉ー神戸三宮・USJ・梅田・なんば・京都

    ・ユタカライナー(運行:ユタカ交通):3列独立、4列アシノビ、4列スタンダード
    (長崎・諫早・佐世保・HTB・武雄・金立ー)博多筑紫口・小倉ー神戸三宮・USJ・梅田・なんば・京都

    の4社で、10本前後運転しています(休日前後などに増便もある)。そのほかにも、LCC・フェリー・新幹線が存在していますので、かなりの激戦区であることは、いうまでもありません。ただ、博多筑紫口・小倉から出ている上記の4社は、シート・出発時刻・到着時刻も選択肢が様々で、去年の最安値が4列スタンダード3200円~/3列独立5800円~、行先も便によって分散させて所要時間が短めでした。「ムーンライト」は12月から早割で6000円台になったとはいえ、それまで他のバスに比べかなり高く、すべての停留所に止まるため所要時間がかかるバスなので、旅客が減っても無理はないと思うのですが…。

    • いっそのこと個室化(高級戦略)で勝負してみてもよかったかな?とも思える。
      勿論、運賃も高くなったろうが、不思議と高価なプレミアム的要素のものから売れていく時代だから、考えてみてもよかったかも。
      (マンションなんかがいい例かな。)

      或いは阪急か西鉄かのいずれかが提唱したが、乗り入れ先に一蹴されてしまったとか。