圏央道、全線開通はいつ? 未開通区間は全線の1割、その進捗状況

茨城県内の境古河IC~つくば中央IC間28.5kmが2017年2月26日に開通し、圏央道は全体の9割が完成しました。残りの区間における事業進捗はどうなっているのでしょうか。

未開通区間は神奈川と千葉に

 2017年2月26日(日)、茨城県内の境古河IC~つくば中央IC間28.5kmが開通し、圏央道は全長約300kmの9割にあたる約270kmが開通しました。残る未開通区間は、神奈川県と千葉県にあります。

170308 kenodoyotei 01
青い破線が横浜湘南道路、赤い破線が高速横浜環状南線のルート。いずれも建設中で、圏央道の一部に位置付けられている(画像:国土交通省横浜国道事務所)。

 神奈川県側では現在、新湘南バイパスの起点となっている藤沢IC(神奈川県藤沢市)から東へ、栄IC・JCT(横浜市栄区)までの約7.5kmが「横浜湘南道路」、戸塚IC(同・戸塚区)から栄IC・JCTを経て横浜横須賀道路に接続する釜利谷JCT(同・金沢区)までの約8.9kmが「高速横浜環状南線」としてそれぞれ建設中です。すでに開通している新湘南バイパスの茅ヶ崎JCT~藤沢ICと、横浜湘南道路、高速横浜環状南線、それぞれが圏央道の一部に位置付けられています。

170308 kenodoyotei 02
神奈川県内における圏央道の概要(画像:国土交通省横浜国道事務所)。

 事業の進捗を、国土交通省横浜国道事務所に聞きました。

――圏央道の事業進捗は。

 用地買収を進めるとともに、完了したところから埋蔵文化財調査を行っています。藤沢ICや栄IC・JCTなど、一部では工事も始まっています。

――どのような道路になるのでしょうか。

 工事が始まっている藤沢ICや栄IC・JCTは地上につくられますが、横浜湘南道路、高速横浜環状南線ともにトンネル区間が多くを占めます。

――開通の見込みは。

 2020年度を予定しています。ただし、「土地収用法に基づく手続きによる用地取得等が速やかに完了する場合」です。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 「――圏央道の事業進捗は。」とか、ものを尋ねる人の態度とはとてもじゃないけど思えないです。質の向上を求めます。

    • お前ホントにこんな態度で聞いてると思ってんの?
      頭湧いてんじゃねぇの?

  2. 横浜国道事務所のコメントがいかにも歯切れが悪いな。
    土地の収用がそんなに思わしくないのか。

  3. 小野航08077525379