外環道「関越~東名」区間、半世紀を経てトンネル掘削本格スタート 待ち受ける課題も

外環道「関越~東名」区間で、国内最大のシールドマシンが発進。地下の本線トンネル掘削工事が本格的に始まりました。都市計画決定から約50年を経たようやくの「発進」ですが、まだ課題があるようです。開通はいつになるのでしょうか。

50年越し、ついに始動

 2017年2月19日(日)、国が建設を進める外環道「関越~東名」区間において、本線トンネルを掘削する2機のシールドマシンが、東名高速の東京IC付近に建設中の東名JCT(仮称)予定地(東京都世田谷区)から大泉JCT(東京都練馬区)に向け、発進しました(以下、未開通区間のIC、JCT名はすべて仮称)。

170219 gaikandoshield 01
東名JCT予定地に設けられた地下70mの立坑から、シールドマシンが出発した(2017年2月19日、中島洋平撮影)。

 外環道は、東京都心から約15kmの位置を環状に通る全長およそ85kmとなる予定の道路で、現在は大泉JCT~三郷南IC間の約34kmが開通しています。2017年度には三郷南ICから、首都高湾岸線と交わる高谷JCT(千葉県市川市)までの「千葉区間」が開通する予定です。

 今回シールドマシンが発進した約16kmの「関越~東名」区間は、一般道の環状八号線におおむね並行します。開通すれば、環状八号線経由で60分かかっていた同区間は、12分に短縮できるそうです。都心に集中していたクルマの流れが分散され、環状八号線だけでなく環状七号線や首都高などの渋滞緩和も期待されるといいます。

 式典に出席した小池百合子東京都知事は「外環道の開通により、経済の『血液』ともいえる人とモノのスムーズな流れがうながされます。生産性が向上するとともに、世界の都市間における東京の競争力を高めます」と話しました。

 この「関越~東名」区間は1966(昭和41)年、東京都によって高架方式で都市計画が決定されました。しかし、地元の反対などからいったん事業が凍結され、2007(平成19)年、環境への影響を抑えるべく地下方式へと計画を変更。そしてこのたび、最初の都市計画決定からおよそ50年を経て、本線トンネルを掘削するシールドマシンが発進しました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 正直言って遅すぎると思ってる(環状八号線の渋滞が酷すぎるので)

  2. 仕方ない。非国民が国に協力しようとしない。50年も経ってまだ反対かよ。頭おかしい。

  3. 着工されるだけ、まだまし。新東名の海老名以東なんて計画すら有耶無耶なのに。

  4. 東名とのJCTが大橋の二の舞にならないよう切に祈る。

  5. 圏央道が開通したけど、首都高速も渋滞も新規区間開通や他道路への分散もあって最近は大渋滞も少な目なので迂回ルートと余り変わらない時も多々。
    肝心な外環道全通が無いと自分にとっては余り意味がないのが実態。
    でも・・・この分だと開通を迎える日には生きてないかも!少なくとも運転免許返納後?
    これだけの大動脈を50年放置とは・・・結局建設するのだから意味がない空白50年だったのでは?

  6. 外環道より西側の調布保谷線を全線4車線化して目白通りと接続すれば外環道から中央道調布ICまで所要時間が短縮されると思われる。

  7. 外環完成時には、外環から中央道や東名への車の流入量が増えること、南端の東名東京ICを出て環状八号線に入る右折車両が増えることなどを想定して、今から対策を考えておく必要があります。

  8. 社会主義者の美濃部都知事が「一人でも反対者がいるうちは工事を進めない」と言ってストップした。これはいまだに忘れられない。日本の被った損失は計り知れないだろう。