山陽電鉄が7月に創立110周年 記念号運行や神戸開港150年連動企画など計画

2017年7月2日、山陽電鉄が会社創立110周年を迎えます。これを記念し、ヘッドマーク掲出や記念号運行、スタンプラリー開催など各種イベントが行われる予定です。

7月2日に記念号の出発式を開催

 山陽電鉄が2017年7月2日(日)に会社創立110周年を迎えます。これを記念し、同社は5月からさまざまなイベントを行う予定です。

 6000系電車2編成と5000系電車5編成には、5月22日(月)から110周年記念ヘッドマークが掲出されます。

 7月2日(日)からは「山陽電車創立110周年・須磨浦ロープウェイ60周年記念号」を運行。ヘッドマークや車内装飾、ロープウェイに関するラッピングを施した車両で、同日には山陽姫路駅(兵庫県姫路駅)で出発式も開かれる予定です。

170502 sanyo110 01
創立110周年記念ロゴでは、新型6000系電車と同様の朝日をイメージしたオレンジのグラデーションを使用。挑戦し続ける姿勢を表現しているという(画像:山陽電鉄)。

 神戸開港150周年とも連動した記念スタンプラリーも、7月2日(日)から9月18日(月・祝)までの期間に開催されます。

 このほか、記念グッズの販売や写真コンクールなども行われる予定です。各企画のの詳細は、内容が決まり次第追って告知されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント