西鉄の新観光列車はどんな車両に? 社長、担当役員が語るその姿とは

西日本鉄道に2019年春、登場する予定の新たな観光列車。この、同社初となる本格的な観光列車はどんなものになるのか、社長と担当役員の話から、少しずつ明らかになってきました。

西鉄初の本格的観光列車、その姿はどうなる?

 福岡県内に鉄道路線網を持つ西日本鉄道が2017年5月17日(水)、東京都内で西鉄グループの事業説明会を実施。導入が予定されている新たな観光列車の姿が、少しずつ明らかになってきました。

170517 nishitetsu 01
西鉄の倉富純男社長(右)と藤田浩展上席執行役員(2017年5月17日、恵 知仁撮影)。

導入の目的、想定するターゲットは?

 西鉄が本格的な観光列車を導入するのは、これが初めて。目的として同社が挙げるのは「沿線地域のさらなる活性化」「沿線開発+沿線発信」です。食材や特産物、文化、自然、産業といった沿線地域の「資源」と「観光」をこの列車で結びつけ、以下のような形で、観光列車を通じた沿線地域の活性化、価値向上を目指すとしています。

・観光列車の利用者による地域での消費
・地域の店舗、企業などの販売拡大支援
・沿線地域の情報発信による観光客の増加
・沿線イメージ向上による居住人口の増加

 この観光列車の“要”として西鉄は「地域」を挙げており、地域と連携してこの列車を通じ、地域の魅力向上、活性化に取り組んでいきたいとのこと。また、ターゲットは地元の人(福岡、九州在住者)、来福観光客で、女性の比率が比較的高いと考えているそうです。

東北や上越新幹線の観光列車を手がけた会社が担当

 プロデュースするのは、飲食などのオペレーション事業、ブランディングプロデュース事業などに取り組んでいるトランジットジェネラルオフィス(東京都港区)。JR東日本の観光列車「TOHOKU EMOTION」や「現美新幹線」も手がけた会社です。

 コンセプトは「LOCAL to TRAIN ~街を繋いできたレールは人をつなぐ時代へ~」。西鉄の倉富純男社長は「沿線200万人の方々に非日常を提供し、沿線200万人の方々に一度は乗っていただければ。そして公共交通の良さを知っていただければ」と話します。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170517 nishitetsu 02
  • Thumbnail 170517 nishitetsu 01

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 8000形も遂にリタイアか。
    デビューした時は衝撃的で、カラーがHiSEを連想させるものがあったから、遠く離れた関東在住の自分にも親近感がわいたものだ。

    華がなくなるが、西鉄はあまり鉄道事業に熱心ではないから為す術がない。
    出来れば最期を迎える前に出会っておきたいものだ。

    • そうですね。バブル期真っ只中でデビュー、当時は将来的にも8000形をスタンダードにするという意気込みもありましたなあ。
      結局、JRの攻勢、長い不況、マイカー環境のさらなる整備に対して乗客減の一方、
      運用合理化の中で2扉、6両が災いし、ラッシュ時は大牟田方面への普通になるなどいつの間にか使い辛い車両になってしまったのも、更新工事をせずに引退を早めたのでしょう。
      それでも、特急車両としての貫禄はバッチリでやはり乗りたくなるスタイルをしていますね。

  2. 鉄ヲタ的なわがままを言えば、西鉄には8000形の後継になる特急専用のフラッグシップ車両を作ってもらいたいですね。人口増加が続く福岡都市圏を始め、世界遺産に認定された一帯を持つ大牟田など、沿線にこれだけ新しい需要が期待出来る地方の鉄道は他にないんじゃないんでしょうか。この観光列車プロジェクトが成功したら、その顧客を定着させるべく品格ある列車を導入してもらいたいものです。

    • そう、恐らくは少なからず、8000形の後継に相応しいフラッグシップ的な車輌の登場が望まれているのだと思う。
      見方を変えれば島原半島への連絡列車でもあるし、何とかならんのかという声は小さくないだろう。
      が、西鉄は諦めてしまった。
      2扉ロマンスシートのスタイルは半永久的に封印されることになるだろう。

      新観光列車か。
      記事を読む限り意気込みは何となく伝わってくるんだけど・・・。
      バスならともかく、もう鉄道に関してはあんまり期待していないんだなあ、西鉄には。

  3. 3両編成?甘木線は2両までしか対応してない・・・北野駅は構造上ホーム延伸は無理だし、し~め~き~り~でもするのかな・・・?