1都16県128品からグランプリを決定!「JR東日本おみやげグランプリ」開催

JR東日本が2017年5月30日から「JR東日本おみやげグランプリ」を開催。東日本1都16県のおみやげ128品からグランプリを決定します。

抽選で計333人に賞品プレゼント

 JR東日本は2017年5月17日(水)、会社発足30周年記念のイベントとして、東日本のおみやげ128品のなかから1位を決める「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」を開催すると発表しました。

170518 jheomiyage 01
本イベントのアンバサダーとして、芸能活動30周年を迎える杉本 彩さんが起用された(画像:JR東日本)。

 岩手県の「かもめの玉子」、宮城県の「ずんだ餅」、栃木県の「レモン牛乳」をはじめ、群馬県の「高崎だるま」、埼玉県の「十万石まんじゅう」、東京都の「東京ばな奈」、神奈川県の「鳩サブレー」など、1都16県から128品がエントリー。

 専用のウェブサイトやはがきからの投票により、総合グランプリや、「お菓子」「食品」「地酒」「工芸品」の4部門でそれぞれ金賞、銀賞、新人賞などが選ばれます。

 開催期間は5月30日(火)から6月30日(金)まで。結果発表は7月中旬の予定です。

 投票した人のなかから抽選で計333人に、ホテルペア宿泊券や青森旅行、「現美新幹線」日帰り旅行、「びゅう商品券」などが当たります。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント