布袋駅付近の上り線、6月に高架化 名鉄犬山線

名鉄犬山線・布袋駅付近の上り線が、2017年6月10日に高架化されます。

布袋駅上りホームも高架上に

 名古屋鉄道(名鉄)は2017年5月22日(月)、犬山線・布袋(ほてい)駅付近の上り線(名古屋方面)を6月10日(土)から高架化すると発表しました。

 2009(平成21)年10月から、名鉄と愛知県、江南市は「犬山線布袋駅付近鉄道高架事業」を進めています。対象区間は江南市内のおよそ1.8kmで、この事業が完成すると踏切6か所が廃止される予定です。

170523 meitetsuhotei 01
「犬山線布袋駅付近鉄道高架事業」の概要図(画像:名鉄)。

 今回、上り線の線路切り換えにともない、布袋駅の上りホームも地上から高架上に移ります。駅にはエレベーターやエスカレーター、多機能トイレが設置されます。

 上り線の高架化後も、事業全体の完成を目指し、下り線の高架化工事が推進されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170523 meitetsuhotei 02
  • Thumbnail 170523 meitetsuhotei 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 名鉄などは高架が進み始めているのに、京王は遅すぎ。
    京王は連続立体交差事業を何だと思っているんだろうか?