常磐線の佐貫駅、発車メロディ変更 地元のお祭り曲に JR東日本

2017年6月3日から、JR常磐線の佐貫駅で使用される発車メロディが変更。茨城県龍ケ崎市のご当地ソングや、市を連想する曲が採用されます。

龍ケ崎市をイメージした選曲

 JR東日本水戸支社は2017年5月23日(火)、茨城県龍ケ崎市からの要望を受け、常磐線佐貫駅の発車メロディを変更すると発表しました。

170525 jresanukiekimelo 01
牛久沼を飛ぶ白鳥(画像:photolibrary)。

 使用曲、選曲理由は以下の通りです。

・「RYUとぴあ音頭」 1番線ホーム(上り)
 龍ケ崎のお祭りの曲として市民に親しまれているご当地ソング。
・「カエルの合唱」 2番線ホーム(上り、下り)
 演者がカエルの面をかぶって曲芸を披露し、雨乞いや五穀豊穣を祈願する伝統行事「撞舞(つくまい)」にちなんだ曲。
・「白鳥の湖」 3番線ホーム(下り)
 牛久沼と、その水面を泳ぐ龍ケ崎市の鳥「白鳥」をイメージさせる曲。

 新しい発車メロディは、6月3日(土)の始発列車から使用されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント