ズルい? 悪いと思ってない人も? どう防ぐ「不正折り返し乗車」 苦悩の鉄道事業者

横浜高速鉄道が2017年5月17日から19日まで、みなとみらい線で不正乗車防止運動を実施しました。悪質な不正乗車には正規運賃と増運賃を要求すると呼び掛けていますが、常習者の罪の意識は低く、後を絶ちません。

きっぷを持たなければ不正乗車

 B駅から上り列車に乗ってA駅に向かう場合、いったん下り列車に乗ってC駅に行き、上り列車に着席してA駅に向かう。これが「折り返し乗車」と呼ばれています。B駅から乗ると混雑して座れないけれど、逆方向のC駅から乗れば座れる――実行する人にとって「賢い方法」と思うでしょうし、B駅から乗る人にとっては「ズルい方法」に見えます。

170603 orikaeshijyosya 01
みなとみらい駅に掲示された不正乗車防止のポスター(杉山淳一撮影)。

 この場合、折り返し乗車をする人が、C~B間の往復に有効なきっぷを持っていれば問題ありません。実際にC~A間の定期券を購入している人もいます。しかし、B~A間のきっぷや定期券しか持たない場合は、C~B間は無賃乗車となります。

 改札口を出なければ良い、と勘違いする人も多いようです。しかし、きっぷに指定された経路以外の区間を乗車する行為はダメです。改札口を突破すれば無賃乗車、改札口を出なくても経路外乗車、どちらもキセルと同等の不正乗車です。通勤時間帯に座りたいという理由だけではなく「A駅からB駅へ向かう際に、C駅の駅ナカで買い物をする」という行為も不正乗車になります。

170603 orikaeshijyosya 02
乗車券を持たずに乗ると不正乗車となる。

 不正乗車による折り返し行為は、通勤で混雑する路線では少なからず起きているようです。路線の始発駅に行けば確実に座れます。しかし、鉄道事業者にとって取り締まりは難しいようです。列車の扉付近ですべての乗客のきっぷを確認すれば確実ですが、すべての扉に人員を割けませんし、混雑が激しくなり列車が遅れてしまいます。ほとんどの鉄道事業者では対策を明らかにしていません。過去の報道をみると、悪質な常習者を発見した場合にしばらく追跡するなどして実態を確認し、個別に対応しているようです。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 06
  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 01
  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 02
  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 03
  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 04
  • Thumbnail 170603 orikaeshijyosya 05

最新記事

コメント

16件のコメント

  1. 下車客と乗車客の動線を柵などで完全遮断するしかないが、物理的にムリだろう。
    残念ながら呼び掛けで解決できるほど、世間様(含自分)は倫理性が高くない。

    一般的に途中駅からの始発列車(優等列車ならば尚良し)が出来れば多少は解消される(誤方向に行くことがなくなる)だろうが、東京圏ではなかなか難しい。

    交通ICが普及したことを逆手にとり、例えばホームにスキャンをかけまくって不正行為既遂情報をICに登録して出場時にペナルティ運賃を強制控除・・・なんてことが出来るわけもないし。
    (というより技術的に如何なのだろう?詳しい方ご教授いたたけませんか。)

    何か打つ手はないか。

  2. 折り返し駅で一旦車内整理(ドアを閉めて車掌が見て回る)をすればすむ話。過密ダイヤで編成が長ければ、ラッシュ時のみ駅ホームに嘱託社員を追加すれば時間もかかるまい。
    一旦降りることで列の最後尾に並ぶことになり、折り返すメリットがなくなる。

    • どっこい“列に並ぶ”から問題なわけ。
      次発ではなく次々発、その次発の着席を狙って折り返し乗車するわけさ。
      結局いたちごっこになってしまう。

    • みなとみらい線の場合は、
      途中駅なのがややこしい。

      だから一旦全員下ろせという手段が使えず、
      過度に乗降もしくは方面分離が出来ない。

      元町(始発駅)からの列車が、
      軒並大混雑なら…
      というのもない模様。

  3. せこいな、

  4. 救済制度がそもそもの原因
    田舎ならまだしも都会には要らない
    自己責任

  5. JRだと120円旅というのがあるみたいで、一度も同じ駅を通らずに行くのであれば不正行為にはならないみたい

  6. 折り返すからダメなんでしょ?これ。

  7. 西武線の対応は極めて杜撰。
    21時代で折り返し対応してないし。
    ふんぞり返ってるもんね。

    • 飯能とか本川越、西武新宿かな?
      なるほど、折り返しで並ばれてしまいそうだ。いずれの駅もホーム上で取り締まりをするのは不可能だろうし・・・。
      西武としても頭を抱えているんじゃないかな。

  8. 阪急・阪神の梅田駅は折返しし難い構造かと。電車到着→客全員降車用ホームにおろす→客下車確認→降車側ホームのドア閉じる→乗車側ホームドア開けるだから折返ししようとするとホームまたがないとダメですからねー
    ようは下車専用・乗車専用で開けるドア変えればいいんでないでしょか?少なからず座りっぱなしはできないし、ホームまたぐ訳だから不審な動きは確認とりやすいかと。
    もしくは、京阪淀屋橋・出町柳でやっている乗車位置手前で客下車させドア閉めて、乗車位置へ移動後再度ドア開けるっていうのもあるけど・・・
    どちらにしても関東だと難しいか・・・

  9. これはビジネスチャンスとみなすべきだろうな。
    元町中華側~横浜間で10両目だけ閉鎖して、横浜駅で10両目の一番後ろのドアだけ開放する。
    横浜駅では1列車当たり48席分の整理券を手売りし、ドアで係員が確認の上乗車、その後全ドア開放し、立客が乗車する。
    少し時間がかかるが、横浜駅は停車時間が長いから問題ないだろう。
    整理券は1枚200円で発売し、シルバーシートは無料とする。1列車当たり9600円、7~9時で48万円の収入を見込む。
    この収益の50%は横浜高速鉄道に、50%は係員を出す東急電鉄に分配。横浜高速鉄道は不正乗車にかける人件費を節約できて増収も図れる形にする。
    東急は西武40000系のような特別車の増備なしに増収が図れる。シルバーシートの問題も解決する。

    • アイデアはいいね。考えつかなかった。
      要は途中駅からの着席を保証してやればいいわけだから、座席の形状については不問でいいだろう。

      が、折り返し乗車を止めさせるにしてはやや座席提供数が少ないかと思うのだ。

    • 1両は少ないが、それ以上増やすと8両各停などは影響が大きいだろうし、そもそもニーズが少ない。
      7:03~8:57の16本の通特・急行のみ後3両指定くらいがいいのかも。乗降に時間がかかると混乱するから1両で両端2ドア開放。それでも人件費くらいは出るだろう。

  10. ワンマン運転で前1両しかドアは開きませんとか、最初は短いホームなんだなー?と思ってたけど不正乗車を防ぐ対策だったんだね、

  11. 阪急電車の河原町駅は特にひどい、阪急電車がわもわかっていながら対応しない