山手線新型車両に防犯カメラ設置へ JR東「痴漢含む犯罪・迷惑行為の防止に」

山手線で使用されるE235系電車の各車両に防犯カメラを導入。

2018年春から順次導入

 JR東日本は2017年6月6日(火)、山手線に導入を進めているE235系電車の各車両に、防犯カメラを設置すると発表しました。

 対象は、今後の増備分を含む全50編成(550両)です。防犯カメラをドア上部に1両あたり計4台設置。また、ステッカーを掲出することで、カメラが作動中であることを乗客に知らせます。

2017年5月22日から量産車の投入が始まったE235系電車(画像:JR東日本)。

 JR東日本は取材に対し、「車内での痴漢を含む犯罪行為や迷惑行為の防止に役立つことから導入を決めました。車内の安全性を高め、お客様の安心の向上につながると考えています」と説明。カメラの映像は関係する法令や車内規程などに基づき、厳正に取り扱われるとしています。カメラは2018年春以降、順次設置される予定です。

 鉄道車両内への防犯カメラの設置は、JR埼京線をはじめ、京王線や東急線、東海道・山陽新幹線、北陸新幹線などで実施。東京では、都営地下鉄が2017年8月から、東京メトロが2018年春からそれぞれ防犯カメラを導入する計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. あの総武線の騒ぎでの警察の対応を見てもカメラは必要だね、よくあの状況で連行したよね、ボウズじゃ帰れないのかね?被害に会われた方いませんか~?だってさ!連行された男性こそ被害者じゃないのかな?

  2. できれば天井に半球撮影型のカメラを4台設置して頂きたいです。
    あの配置だと超満員時には役に立たないかと・・・

  3. 男性用車両は作らないのだろうか?
    昔は「むさいおっさんだらけ」だったかもだけど、現在なら若いイケメンも冤罪を恐れて乗るだろう。

    男性専用車両を作らないのはなぜ?

    • 当然の疑問ですよね、男性専用車両を導入しない理由が正当なら女性専用車両も無いと思いますが、これまでカメラ導入に消極的だった理由こそ痴漢に冤罪を防げなかった原因でしょう、イメージとか、要は女性の為の車両に成り下がった証しに専用色に専用公告、明らかにカメラ設置より安上がりであり利益と表向きは悪者退治の大義の一石二鳥になるわけですよ、

    • 男性用車両作ったら、満席だらけになる

  4. 冤罪が怖いので片手はつり革、片手は手首を掴んでバッグはショルダーが必須アイテム。
    バッグの中に手が入ってないかスリをチェックしながら・・・・・

  5. 監視社会だよな、これは。
    仕方がないこととはいえ、こうすることを見越して警察がわざと冤罪作ってきたんじゃないかと思える。本当に汚い国だ。

  6. カメラ設置はオリンピックまでに女性専用を廃止にする目的でしょ、オリンピックの公式な性別判定の前では見た目で男性に見える人物を排除しようとする公共の乗り物なんてヤバイからね、