特急「ゆふいんの森」15日から小倉回りで運転 九州北部豪雨の影響でルート変更

九州北部豪雨により久大本線の一部区間が不通になっていることから、特急「ゆふいんの森」が、2017年7月15日から小倉回りで臨時運行されます。

久大本線の不通にともない迂回運行

 JR九州は2017年7月11日(火)、特急「ゆふいんの森」を、15日(土)から小倉、大分経由で臨時運行すると発表しました。

 特急「ゆふいんの森」は博多~由布院、別府間で運行されていますが、九州北部を襲った豪雨により、経由する久大本線の一部区間が不通に。これを受け、博多~由布院間で、迂回ルートである鹿児島本線と日豊本線を経由して列車が臨時運行されることになりました。31日(月)までの時刻は次のとおり。なお8月以降については決定次第、別途告知されます。

●由布院行き
・91号:博多8時45分発→小倉10時30分発→由布院13時35分着
・93号:博多11時00分(土休日11時08分)発→小倉12時17分発→由布院15時45分着
●博多行き
・92号:由布院14時45分発→小倉18時52分発→博多20時34分着
・94号:由布院17時06分発→小倉20時30分発→博多21時35分着

170711 jrqyufumoriukai 01
1989年から運行されている観光特急「ゆふいんの森」(画像:JR九州)。

 途中は小倉、別府、大分駅に停車。91号と92号は4両編成、93号と94号は5両編成です。車内販売や車内サービスが実施されます。列車は全車指定席です。指定券は全国の「みどりの窓口」などで、7月13日(木)午前10時から発売されます。

 JR九州は「夏休みのご旅行などに、特急『ゆふいんの森』をぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. そういう観光列車なんか全部廃車にして、その燃料、潤滑油、資器材を被災地に届けたら?もうこの国観光立国どころか災害超大国でしょう?

  2. 良くも悪くも「そこまでして運行するか!!」と真っ先に思った。

  3. 意気込みは分かるのですが、世論て結果論みたいなとこがあるから自粛してはどうだろ、ましてや前線居座る梅雨末期だし、例えば老朽化した歩道橋で花火を観るに大勢が留まり許容に耐えかねて倒壊して怪我人が出たら警備体勢を問われるわけだし、かと言って最初から警備を万全にしても避けれない事故もあるしね、ツアーバスで亡くなられた方や遺族の方々には申し訳ないが、あの予想通りに審議も運転未熟と言ったところと監理と指導の不備に終わったことで再び同じ事故も発生するだろうし、そして同じようなバスが今夜も発車するのではあるまいか?とも思うし、とにかく言い方は悪いが事故が発生すると過失をまさぐり罪人特定に急ぐ様は規制と緩和を多方面の圧力で舵取りしてきた組織の悪あがきにしか思えないね、加えてこの湯布院の森と言う列車が臨時の列車が観光色濃い列車として迂回してまで運行されるなら先ずは生活路線の列車を先に充実させるべきじゃないでしょうかね?

  4. 「怖いのは風評被害」福岡・大分の観光地で宿泊キャンセル相次ぐ 再び懸念の声

    • 半々かな?これは個々の評価だからね、俺だって北海道行くに未だ太平洋側のフェリーは使わないし、自分が無知だと分かっていても家族をあそこに近づけたくないからね、一応の経路として九州も熊本だけは迂回したよ、勿論復興割りには肖ってないし、災害って阪神淡路もそうなんだけど、言い方悪いが黙って金だけ渡す冷却期間、または逆に人によっては暖気運転みたいな準備期間が必要なんじゃないかとも思うしね

    • 縁もゆかりも全くない場所で起こる とばっちり を風評と言うので
      あって、すぐ近くで起こった豪雨災害を元にして起こっている行動
      は風評被害とは呼ばない。

      福岡県の朝倉で豪雨があったにもかかわらず、秋田県、栃木県、
      群馬県、岐阜県、愛知県、京都府、山口県にある朝倉が謂われのない
      被害を受けることを指すものだ。

  5. 予想通りの展開

  6. なにこのヤフーの上を行くキ●ガイコメント祭w