枕木や線路運搬に使う「軌道用モーターカー」、1週間限定展示 京都鉄博

京都鉄道博物館で2017年7月20日から、軌道モーターカー「MR0788」が期間限定で特別展示されます。

7月20日から25日まで

 京都鉄道博物館(京都市下京区)が、2017年7月20日(木)から「軌道モーターカー」を特別展示します。

軌道モーターカー「MR0788」のイメージ(画像:JR西日本)。

 この車両は、枕木やレールなどの運搬に用いられる保守用車両です。京都鉄道博物館はJR西日本の営業線とつながっている線路があり、展示車両を入れ替えることが可能。今回、ふだんは夜間に活躍し、昼間の営業線でほとんど見ることができない軌道モーターカー「MR0788」が、京都鉄道博物館にやって来ます。

 展示期間は20日(木)から25日(火)まで。展示場所は本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. どうせなら一両でなくって保守車両一編成まるっと、せめて他の保守車両数両連結して一緒に展示すればよいのに。機関車単体だけではわからないぞ。

    • まあー確かにトンネル掘削機なんかは小道具で現場を演出しなきゃ素人にゃ分かりにくいわな、

  2. 毎度京都鉄道博物館を京都鉄博と略すのはなぜ?
    公式が京都鉄博なんて略したことがあったか?
    正式名称を書かない理由は?

    • 本当だね!ゴロを変えて万博みたいな期間限定の店終い演出とか?首都圏のホテルみたいに今稼がんで何時稼ぐ?!ではないと思うが?