EF65形、EF81形デザインの弁当など販売 東京総合車両センター一般公開イベントで

2017年8月26日、日本レストランエンタプライズが東京・大井町のJR東京総合車両センターで開催される「夏休みフェア2017」に合わせ、記念弁当などを販売します。

有名店監修のカレーなども販売

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は2017年8月16日(水)、JR東京総合車両センター(東京都品川区)で26日(土)に開催されるイベント「夏休みフェア2017」に合わせ、記念弁当や記念プレートなどの販売と、社員食堂の一般開放を行うと発表しました。

170816 nre 01
EF65形・EF81形電気機関車をあしらった「2017年東京総合車両センター 一般公開記念弁当」掛け紙のイメージ(画像:日本レストランエンタプライズ)。

 記念弁当の掛け紙と記念プレートは、フェアで展示されるEF65形、EF81形電気機関車をデザイン。また、ブースでは、北陸新幹線限定の「加賀さつまいも」や、4月に発売された「とちおとめいちご」などの車内販売アイスも販売されます。

●2017年東京総合車両センター 一般公開記念弁当
・価格:1100円(EF81形電気機関車のシール付き)
・販売箇所:社員食堂内特設駅弁売店
・販売時間:午前10時~14時30分
●東京総合車両センター 夏休みフェア来場記念プレート
・価格:1700円
・販売箇所:会場内特設ブース
・販売時間:午前10時~14時30分

 社員食堂では、JR30周年記念メニューとして、東京・神田のカレー店「エチオピア」監修の「チキンカリー」などが販売される予定です。主なメニューは次のとおりです。

●社員食堂での主なメニュー
・チキンカリー(辛口):800円(北斗星ヘッドマークピンバッジ付き、限定500食)
・懐かしの食堂車のカレー(中辛)~ハンバーグのせ:800円(お楽しみ北斗星ピンバッジ付)
・社員食堂の醤油ラーメン:550円
・アイスコーヒー:250円

「夏休みフェア2017」は10時から15時(入場14時30分)まで行われます。入場は無料です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170816 nre 03
  • Thumbnail 170816 nre 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 包装紙だけですか。もう少し凝ったことをしてもよいのでは。