「めでたいでんしゃ」に水色が仲間入り 海をイメージした仕掛けとデザイン 南海

南海電鉄が運行する観光列車「めでたいでんしゃ」に、水色の車両が登場。内外装に海をイメージしたデザインが施されます。

海の中にいるような気分が味わえる

 南海電鉄は2017年8月23日(水)、加太線で運行している観光列車「めでたいでんしゃ」に、海をイメージした水色の車両を新たに加えて運行すると発表しました。

170825 nankaimedetaidensha 01
水色の「めでたいでんしゃ」のイメージ(画像:南海電鉄)。

 2016年4月から運行しているピンク色の「めでたいでんしゃ」をベースに、加太の海のイメージを取り入れたデザインが施されます。外装は、うろこ柄の車体を水色に塗装。内装の各所には海の生き物が散りばめられ、水色の床面に釣り場やサーフボードが描かれます。

 座席シートは3種類のオリジナル柄を採用。扉の横には開閉に連動した仕掛けや、窓を通してシュノーケリングをしているように見えるステッカーが配置されます。また、木製のつり革にも海の生き物がデザインされ、海の中にいるような空間を演出しているといいます。

170825 nankaimedetaidensha 02 170825 nankaimedetaidensha 03 170825 nankaimedetaidensha 04
うろこ柄の車体を水色に塗装した外装のイメージ(画像:南海電鉄)。
釣り場、フィン、サーフボードが描かれた床面のイメージ(画像:南海電鉄)。
内装イメージ(画像:南海電鉄)。

 運行開始日は10月7日(土)。車両は7100系電車の2両編成です。和歌山市~加太間で運行されます。

 南海電鉄は「電車に乗っていながら、まるで海の中にいるような気分が味わえる、加太線にぴったりの観光列車です。ぜひ、加太さかな線で“めでたい”旅にお出かけいただき、ピンク色と水色の“愛でたい”でんしゃに出会ってください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170825 nankaimedetaidensha 05
  • Thumbnail 170825 nankaimedetaidensha 01
  • Thumbnail 170825 nankaimedetaidensha 02
  • Thumbnail 170825 nankaimedetaidensha 03
  • Thumbnail 170825 nankaimedetaidensha 04

最新記事

コメント