メルボルン空港に日本の航空会社、初登場 JAL成田線開設「富士」「桜」で祝う(写真12枚)

オーストラリアのメルボルン空港に初めて、日本の航空会社が就航。出発初便であるJALのJL774便で、セレモニーが行われました。JALの大西会長も式典に出席し、メルボルンと成田が結ばれたことの意義を話しています。

行きも帰りもほぼ満席のメルボルン線

 日本航空(JAL)が、日系の航空会社で初めて日本とオーストラリア・メルボルンを結ぶ路線を開設した2017年9月1日(金)。成田空港ではメルボルン行き初便のJL773便出発に合わせてセレモニーが行われましたが、そのJL773便がメルボルン空港へ22時ごろ到着したのち、同空港でも折り返し日本行き初便となるJL774便の出発(0時05分)に合わせて、セレモニーが行われました。

170902 jal 01
メルボルン空港では巨大モニターで「富士」や「桜」。JALの就航が歓迎された(2017年9月1日、恵 知仁撮影)。

 セレモニーにはJALの大西 賢会長や、在メルボルン日本国総領事館の松永一義総領事、メルボルン空港のCEOらが出席。琴が奏でられるなか、日本の航空会社がメルボルン空港へ初就航したことを祝っています。

170902 jal 02 170902 jal 03 170902 jal 04
メルボルン発成田行き初便JL774便。
大西会長と成田行き初便のクルーたち。
横断幕で見送られたJL774便。

 JALの大西会長はセレモニーで、同社のエコノミークラス「新・間隔エコノミー」は座席の間隔が広いため体格の良いオーストラリアの人でも十分くつろいでもらえる、そしてメルボルンとハブ空港の成田が結ばれ、そこからヨーロッパやアメリカ、アジア、そして日本各地に行けると、成田~メルボルン線開設について話しました。

 日本行きの初便、161席あるJL774便にはほぼ満席の159名(幼児1名含む)が搭乗。空きはビジネスクラス3席だけだったそうです。またメルボルン行き初便、JL773便も同じくほぼ満席の159名が搭乗し、こちらの空きはビジネスクラス2席のみとのこと。

170902 jal 05 170902 jal 06 170902 jal 07
日本の一般的なものとは異なるテープカット。
メルボルン空港JL774便の搭乗口にもJAL就航を祝う表示が。
成田へ向け出発するJL774便。

 JALの成田~メルボルン線は毎日の運航。使用機材はボーイング787-8型機で、クラスはビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーです。また現在、日本とメルボルンを結ぶ直行便はほかに、カンタス航空が成田発着で運航しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170902 jal 12
  • Thumbnail 170902 jal 11
  • Thumbnail 170902 jal 13
  • Thumbnail 170902 jal 14
  • Thumbnail 170902 jal 15
  • Thumbnail 170902 jal 01
  • Thumbnail 170902 jal 02
  • Thumbnail 170902 jal 03
  • Thumbnail 170902 jal 04
  • Thumbnail 170902 jal 05
  • Thumbnail 170902 jal 06
  • Thumbnail 170902 jal 07

最新記事

コメント