名勝や風景がデザインされたシールを配布 2019年3月末まで JAL

JALグループが、各都道府県の名勝や風景がデザインされたシール「JAL TODOFUKEN SEAL」を配布します。

シールを通して乗客とコミュニケーション

 JAL(日本航空)グループは2017年10月2日(月)、各都道府県の名勝や風景がデザインされたシール「JAL TODOFUKEN SEAL」を配布すると発表しました。

171003 seal 01
名勝や風景がデザインされた「JAL TODOFUKEN SEAL」のイメージ(画像:JALグループ)。

 配布は2019年3月31日(日)まで。対象となる便はJ-AIR運航便を含む、JAL国内線全線。2017年6月まで配布されていた「千社札シール」に続く、第2弾です。

 同グループの客室乗務員がシールを携帯し、希望する乗客に渡してコミュニケーションのきっかけを作ります。デザインは、客室乗務員が4月1日(土)から着用している「縁(ゆかり)都道府県バッジ」と同じです。

 JALグループは「お客さまとのつながりを大切にし、これからもさまざまな取り組みにチャレンジしてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171003 seal 02
  • Thumbnail 171003 seal 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 切手のパロディー? みたいなデザイン。 個人的には好感できないです。