新幹線のイス、方向幕など出品 JR東海が鉄道用品販売サイトを開設

2017年10月12日、JR東海がウェブサイト「JR東海鉄道倶楽部」を開設。新幹線の座席や方向幕、乗務員が使用した時計などを販売します。

オープン時は700系新幹線の部品などを販売

 JR東海は2017年10月11日(水)、鉄道用品などを販売するウェブサイト「JR東海鉄道倶楽部」を12日(木)正午に開設すると発表しました。

171011 jrcclub 01
「JR東海鉄道倶楽部」での取扱商品の一例(画像:JR東海)。

 オープン時には、東海道・山陽新幹線で使われた700系の部品や、JR東海の運転士・車掌が乗務時に実際に使用した時計などを販売。一例として、700系の運転台イス(8万円)や行先表示器字幕(4万5000円)、車外銘板(1万円~1万2000円)をはじめ、新幹線乗務員用腕時計(1万5000円)、車内搭載ハンドメガホン(5000円)などが用意される予定です(価格はいずれも消費税・送料込み)。

 なお、商品は数に限りがあり、売り切れる場合があるとのこと。また、今後も随時、商品は追加されます。

 JR東海は「東海道新幹線と在来線12線区を運営するJR東海ならではの様々な商品をご用意して、鉄道の魅力を幅広くお伝えしてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171011 jrcclub 02
  • Thumbnail 171011 jrcclub 01

関連記事

最新記事

コメント