10月25日発売「Arteon」ほか、フォルクスワーゲンの東京モーターショー2017出展概要

フォルクスワーゲンは10月25日より東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2017」に、同日国内発売する「Arteon」はじめ日本初公開モデル8台などを出展します。

日本の新排ガス規制に適合したディーゼル車も

 フォルクスワーゲンは2017年10月25日(水)に東京ビッグサイトにて開幕する「東京モーターショー2017」へ、8台の日本初公開モデルを含む9台の車両を出展します。

171017 vwtms 01
10月25日より日本国内で発売される「Arteon R-Line Advance」(画像:フォルクスワーゲン)。

●出展車両
・「I.D. BUZZ」(日本初)
1950年代にデビューしたマイクロバス「Bulli(ブリー)」を現代的に解釈したEV。2022年に市販予定。
・「Polo TSI Highline」(日本初)
コンパクトカー「Polo」シリーズのハイグレードモデル。TSIはフォルクスワーゲンの、直噴技術に過給機を組み合わせたエンジンのこと。
・「up! GTI」(日本初)
コンパクトハッチバック「up!」のスポーティモデル。
・「Arteon R-Line Advance」(日本初)
2017年3月のジュネーブモーターショーで発表された、新しいプレミアムモデルのスポーティグレード。10月25日より日本国内でも発売される、フォルクスワーゲンの最新技術を集約した「テクノロジーショーケース」。
・「e-Golf」(日本初)
新型「Golf」のEVモデル。2017年内に日本導入予定。
・「Golf GTE」(日本初)
新型「Golf」のプラグインハイブリッドモデル。「GTI」(スポーツモデル)譲りの走りを楽しめるという。2017年内に日本導入予定。
・「Golf R Performance」(日本初)
新型「Golf」の、「GTI」とならぶ伝統のスポーツモデル「R」。ターボチャージド4気筒TSIエンジンは、310PSを絞り出すもっともパワフルな「Golf」。
・「Passat Variant TDI」(日本初)
世界的にも厳しいという日本のポスト新長期排ガス規制に適合した、2.0L TDI(ターボディーゼル)エンジンを搭載するステーションワゴン。
・「Passat GTE Advance」
2017年8月にマイナーチェンジした、4ドアセダンのプラグインハイブリッドモデル。

171017 vwtms 02 171017 vwtms 03 171017 vwtms 04
電動モデル「I.D.」ファミリーのマイクロバス、日本初公開「I.D. BUZZ」。
日本初公開「Golf GTE」。
日本初公開「Passat Variant TDI」。

●そのほかの出展内容
・「VR Experience」
2017年9月に開催された「フランクフルトモーターショー」にて発表された、リニューアルしたばかりのクロスオーバーモデル電気自動車「I.D. CROZZ」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できる。
・「Intuitive Car Finder」
ヘッドマウントギアを用いて動画などを見ることで動く脳波により、その人の潜在意識を読み取り、最適な1台を提案するバーチャルショールーム。
・「Tech Labo」
展示車両のARマーカーにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、クルマの魅力や機能を研究員のフィギュアが紹介するAR体験。

※ ※ ※

 フォルクスワーゲンは今回、「東京モータショー2017」へ「We make the future real」をテーマにブースを出展、「Volkswagenが描く未来を様々な形でご体感いただけます」としています。

【了】

テーマ特集「【東京モーターショー2017】メーカー各社、注目の出展内容は?」へ

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171017 vwtms 05
  • Thumbnail 171017 vwtms 06
  • Thumbnail 171017 vwtms 07
  • Thumbnail 171017 vwtms 08
  • Thumbnail 171017 vwtms 09
  • Thumbnail 171017 vwtms 01
  • Thumbnail 171017 vwtms 02
  • Thumbnail 171017 vwtms 03
  • Thumbnail 171017 vwtms 04

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント