京成上野駅ホームの固定柵すべて設置完了、使用スタート

京成電鉄が2017年10月10日、京成上野駅ホームで固定柵の設置を完了させ、全番線で使用を開始しました。

駅リニューアルの一環

 京成電鉄が2017年10月10日(火)、京成上野駅ホームで固定柵の設置を完了させ、全番線で使用を開始しました。

171017 saku 01
京成上野駅ホームに設置された固定柵(画像:京成電鉄)。

 2019年3月の竣工に向け進む、駅リニューアルの一環で、固定柵の設置は京成電鉄として初めての取り組み。

 京成電鉄は「今後もお客様に安心してご利用いただけるよう輸送の安全確保に努めるとともに、ご利用しやすい駅を目指し、リニューアル工事を推進してまいります」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 固定柵でも十分転落防止に役立つ。
    可動柵を設置する予定のない駅は固定柵をもっと積極的に導入すればいいのに。

  2. 固定柵は比較的利用者が少ない駅に限られる。
    利用者が多い駅は可動柵や昇降バーの整備が必要だろう。
    京成は他社より利用者少なく、ましてや京成上野駅は5万人も満たないからこれでも良いが、他社は可動柵や昇降バー式を素直に採用した方が良いだろう。
    後は椅子の配置を変えるとか工夫も必要。