アジア初公開モデルが続々 メルセデス・ベンツの東京モーターショー2017出展概要

メルセデス・ベンツが2017年10月25日から開催される「東京モーターショー2017」に、アジアや日本初公開の新型などを含む最新モデル計21台を出展します。

最新モデル計21台を出展

 メルセデス・ベンツ日本が、2017年10月25日(水)から東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第45回東京モーターショー2017」に、アジアや日本初公開の新型などを含む最新モデル計21台を出展します。

「smart forfour turbo crosstown limited」や新型「Mercedes-AMG GT Coupe」は日本初公開。また、今年9月の「フランクフルトモーターショー」でコンセプトカーとして世界初公開された「Concept EQA」「smart vision EQ fortwo」「Mercedes-AMG Project ONE」「GLC F-CELL」は、アジア初公開です。さらに、今後の市販予定車なども展示予定。ラインナップは次のとおりです。

・Mercedes-AMG GLC 63 4MATIC+(参考出品、市販予定車)
・smart forfour electric drive(同)
・Mercedes-Benz G 350 d designo manufaktur Edition(同)
・Mercedes-AMG Petronas F1 W08 EQ Power+(モータースポーツ関連参考展示)
・Mercedes-Benz A 180 AMG Style
・Mercedes-Benz GLA 220 4MATIC
・Mercedes-Benz C 350 e AVANTGARDE
・Mercedes-Benz E 400 4MATIC Coupe Sports
・Mercedes-Benz E 220 d 4MATIC All-Terrain
・Mercedes-Benz S 560 4MATIC long
・Mercedes-Benz V 220 d Sports
・Mercedes-Maybach S 650
・Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC
・Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+
・smart(モデル未定)

Large 171024 mercedestms 01
2017年9月の「フランクフルトモーターショー」で世界初公開されたコンパクトEV「Concept EQA」(画像:ドイツ自動車工業会)。

 東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」では、サテライト会場として10月25日(水)から11月5日(日)までの期間、多様な車両を展示。さらに、最新モデルの無料試乗企画や、ドライバーが車外からスマートフォンで車両を操作して駐車操作できる「リモートパーキングアシスト」のデモンストレーションなどのプログラムも実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント