東京モーターショー レクサスブース 注目のコンセプトカーほか発売直後の新型車も(写真15枚)

コンセプトを名乗るも実用化は間近 「LS+ Concept」とはどんな車?

「LS+ Concept」のデザインはレクサス独自のデザインフィロソフィーである「L-finesse」に基づいた次世代のスタディとして、先進的かつ威厳のある造形を実現し、大胆さと緻密さの、相反する要素を調和させる二律双生のデザインへと昇華させています。とくに、大型グリルシャッターにより冷却性能と空力性能を両立させ、より大胆に進化したスピンドルグリルのほか、一部の光源にレーザーを用いた灯火類や電子アウターミラーなどはレクサスならではの先見性も表現しています。空力性能、冷却性能、ランプなどの創造的な先進技術と意匠を高次元で融合し、新しいデザインランゲージを表現しています。

Large 171026 lexus 04 Large 171026 lexus 05 Large 171026 lexus 06
世界初公開、レクサス「LS+ Concept」(2017年10月25日、加藤博人撮影)。

 何よりも注目したいのは、「LS+ Concept」の先進技術です。とくに注目すべきは2020年に自動車専用道路での自動運転を実現する「Highway Teammate」というシステムです。これは、高速道路入口のランプを通過し、目的地のランプを降りるまでの区間を自動運転により移動できるよう、合流や分岐、前方車両の追い越し、レーンチェンジをクルマ側から提案し、ドライバーが承認することで、安全・快適に目的地まで移動することが可能となります。

 さらに、クルマとデータセンターを通信でつなげ、クルマのソフトウェアをアップデートする方式を採用しているので、通信によって新しい機能の追加や向上を図り、より良いサービスへの拡充も可能としています。道路や周辺データなどのビッグデータを用いて学習した人工知能(AI)は、クルマの認知・判断性能を格段に向上させて高性能な自動運転を可能としています。

テーマ特集「【東京モーターショー2017】メーカー各社、注目の出展内容は?」へ

この記事の画像をもっと見る(15枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 外国企画そのまんまのショーだな、日本色と言うか?日本食と言うか?何か無いの?