北海道の鉄道史を紹介するパネル展開催 日本最古の鉄製レールなど展示

北海道庁赤れんが庁舎で、パネル展「北海道の鉄道 過去、現在、未来」が開催されます。

「釧路・根室の簡易軌道」展も札幌初公開

 北海道庁赤れんが庁舎(札幌市中央区)で、北海道の鉄道史を紹介するパネル展「北海道の鉄道 過去、現在、未来」(主催:北海道鉄道観光資源研究会)が開催されます。

 入場は無料。期間は2017年11月25日(土)と翌26日(日)の2日間、時間は各日午前10時から18時(26日は16時)までです。

171121 hokkaidoakarenga 01
パネル展「北海道の鉄道 過去、現在、未来」は2017年11月25日・26日に北海道庁赤れんが庁舎で開催(画像:北海道鉄道観光資源研究会)。

 2018年に北海道が150年を迎えるにあたり、鉄道が北海道内で果たしてきた役割やエピソードなどを、鉄道にあまり関心がない人や関わりが少ない人にも、より身近に楽しく知ってもらうことが企画の目的です。

 釧路市立博物館の特別協力による「釧路・根室の簡易軌道」展の札幌初公開展示をはじめ、日本最古の鉄製レール「茅沼炭鉱炭車レール」(岩内町郷土館所蔵)や、道内の鉄道史を紹介する鉄道模型ジオラマなどが展示されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント