ANA、福岡空港の待ち時間短縮へ 「ANA FAST TRAVEL」導入 自動手荷物預け機6台設置

ANAが、スムーズな手続きや少ない待ち時間が特徴の新たな搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を、福岡空港へも導入すると発表。羽田、新千歳に続くもので、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」も6台設置されます。

羽田、新千歳に続く3空港目

 ANA(全日空)は2017年12月15日(金)、福岡空港へ「ANA FAST TRAVEL」を導入すると発表しました。

「ANA FAST TRAVEL」とは、空港での手続きの分かりやすさ、待ち時間の極小化を目的に、同社が提供する新しい搭乗スタイルで、福岡空港は羽田空港、新千歳空港に続く3空港目の導入です。

Large 171216 ana 01
「ANA FAST TRAVEL」が導入された福岡空港ANA出発カウンターのイメージ(画像:ANA)。

 まず2017年12月19日(火)、手荷物をカウンターで預ければ、飛行機への搭載までにその安全検査が自動的に行われる「インライン・スクリーニング・システム」を導入。従来は手荷物を預ける前にする必要があったX線検査が、預けたあと自動的に行われるようになり、待ち時間が短縮されるといいます。

 2018年春には、「Special Assistance」カウンターを設置予定。子ども連れ、体が不自由であるなど、搭乗にあたってサポートが必要な人が利用できるもので、ユニバーサルデザインに配慮したサービスを提供するとのこと。

 2018年夏には、出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアル、そして自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」の導入(6台)が行われる予定で、カウンターの混雑防止、待ち時間の削減を実現するそうです。

 そして2019年春には、プレミアムチェックインカウンターがリニューアルされる予定。ANAはこれらの展開により、「福岡空港における手続きの極小化、待ち時間の抑制、よりわかりやすいお客さま動線の提供を実現いたします」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171216 ana 02
  • Thumbnail 171216 ana 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これ位に窮屈さを感じさせない空港が四国にも無いのかな?