なぜ飛行機は遅れるのか? 定時運航へ、航空会社の工夫 便に特有の状況も

「飛行機が多少遅延するのはあたりまえ」、そう思っている人は少なくないかもしれません。ただ現場では少しでも定時運航率を上げられるよう、努力が続けられています。2015年に「定時到着率」で世界一になったJALに、その現状や要因、工夫を聞きました。

時刻表通りピッタリとはいかない飛行機、その「定時」とは

 JAL(日本航空)が2015年、国内線と国際線をあわせた運航実績において、89.44%という「定時到着率」を記録。世界1位になりました。

 世界の航空業界に関しさまざまな調査、分析を行っているFlight Stats社(アメリカ)が認定したもので、JALはその「主要航空会社部門」において過去7年間で5回、「世界一」を達成しています。

160804 jal 01
2015年、JALは「アジア・パシフィック主要航空会社部門」「アライアンス部門」でも定時到着率1位になり「3冠」を獲得(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 ただ「飛行機の定時」といっても、多くの人はそれに乗る際、ピッタリ時刻表通りに到着するものとは考えていないでしょう。いったい飛行機の「定時」とは、どのようなものなのでしょうか。また、どのようにして「世界一」を達成したのでしょうか。東京の、そして日本の“玄関口”であり、JALにとって“最重要拠点”のひとつといえる羽田空港で、定時性向上に取り組んでいる矢嵜敬太さんに話を聞きました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 最近、JAL寄りの報道が多過ぎやしませんかね?
    バレてますよ。問題起こしてるのに良いところだけ表に出てる不自然さ。