名古屋高速都心環状線、路線番号が「C1」に 「R」は廃止

名古屋高速都心環状線の路線番号が、現在の「R」から「C1」に変わります。

英語表記は「Circle 1」に

 NEXCO中日本と名古屋高速道路は2017年12月、名古屋高速都心環状線の路線番号を、現在の「R」から「C1」に変更すると発表しました。

 路線名にあわせて路線番号を振る「高速道路ナンバリング」の取り組みの一環。たとえば東名高速・名神高速には「E1」、北陸道には「E8」の路線番号が付与されます。

180105 mekoc1 01
名古屋高速都心環状線は時計回りの一方通行(画像:NEXCO中日本)。

 名古屋高速都心環状線はこれまで、英語表記は「Ring」、路線番号はその頭文字である「R」でしたが、標識の準備が整い次第、英語表記は「Circle 1」、路線番号は「C1」にそれぞれ変更される予定です。

 なお、中部圏の環状道路では、「C2」が名古屋第二環状道(名二環)に、「C3」が東海環状道にそれぞれ付与されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180105 mekoc1 02
  • Thumbnail 180105 mekoc1 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. リングのRか。てっきりラウンドかロータリーのRかと思いました。

  2. 名古屋にお努めしたくなった

  3. 名古屋高速は先に「R」の標識を導入してるのになんでわざわざ欠陥だらけの新設ナンバリングに合わせるんだろう?
    都市高速を除いたとしても「C3」が外環道と東海環状で重複してるという有様・・・・・・。
    名二環が「2R」、東海環状が「3R」にでもすれば良かったのに。